fbpx

逆に結婚を遠ざける!アラサー女子が彼と同棲してはいけない理由

「今付き合っている彼と結婚したい!でもプロポーズはまだ……。結婚に近づくためにまずは同棲をしてみよう!」と思っているアラサー女子が多いのではないのでしょうか?

しかし、アラサー女子にとって同棲は危険。結婚を近づけるために同棲したはずなのに、実は同棲が結婚を遠ざけてしまう事があるのです。

HAPPY同棲ライフは夢のまた夢!今まで築いてきたライフスタイルが崩される

大好きな彼と結婚して、毎日一緒に暮らせるなんて幸せ!どんな小さな事だって彼とだったら楽しい!と、思えるのは20代中盤まで。
アラサー女子にとってどんなに好きな相手であろうと、赤の他人である男と一緒に住むことは、単なるHAPPYライフではなく『現実』そのものなのです。

彼が脱いだものを脱ぎっぱなしにして部屋が散らかる。電気を消し忘れていつもつけっ放し。トイレを立ってするから便座に飛び散る。などなど。

どうって事ないように思いますが、自分が30年近く、毎日当たり前のように生活していたことが彼によって崩される。生活スタイルを崩されるのです。そのストレスは、「大好きな彼と毎日一緒にいたい」という純粋な気持ちを優に超えてしまいます。

20代のうちは柔軟に対応できることも、ある程度自分でお金を稼いだり、生活の知恵をつけてきたりしたアラサー女子はそのスタイルを変えることが非常に難しい。そのため、必ず相手と対立する部分が出てきてしまい、相手の嫌なところしか見えなくなってしまうのです

結婚の窮屈さを先に体験してしまう

同棲する前は雰囲気の良いレストランでディナーを食べたり、話題のデートスポットでデートをしたり。会う約束をして、待ち合わせをして、寂しさを押し殺しながらそれぞれの家路に帰ってゆく。しかし同棲をした途端、2人のデートの場所は大きく変わります。

今までは何かをする理由で約束を取り付けてデートをしていたのが、何もしなくても、どこに行かなくても相手がそこにいるのです。お互い出不精になるし、デートもマンネリ化。金銭的にも2人でお金を出し合って家賃や生活費を賄うわけですから、今までのようにデート費や外食費にかけられなくなってしまいます。

「結婚」という確固たるライフステージの変化が起きた後ならまだしも、まだ恋人同士の段階で、2人にネガティブな変化が訪れてしまう。すると、早く結婚したかったはずなのに、今までの自由でロマンチックだった生活から一転「結婚ってこんなもん?」「あれ?なんで結婚するんだっけ?」そんな風に疑問を抱いてしまうのです。

アラサー女子は我慢ができない

周りの友人たちがどんどん結婚して行ったにも関わらず、自分はアラサーの今まで独身を貫いてきた。独身を貫いてきたにはそれぞれの理由やポリシーがあるはず。そのハードルが高すぎて、アラサー女子は相手に合わせることや我慢をする事が苦手です。

そのため、結婚をしてからだったら我慢できたことも、「まだ×はついていないし、こんな我慢して結婚するのは私の本望じゃないから辞めよう」と思ってしまうのです。

どんな相手とだって、育ってきた環境が違う人間同士が一緒に住んでいれば、ずれが生じるのは当たり前。しかし、アラサーまで独身を貫いてきた女性が同棲をして相手に合わせる努力をするのは至難の技です。どうせ我慢をしなければならないタイミングがくるのであれば、先に結婚をしてからの方が、諦めがつくはず。

急がば回れ。結婚をしたいから同棲が近道だと考えて闇雲に同棲をするのであれば、例え遠回りだったとしても、彼を結婚させる気にすることに注力をするのが結婚への近道といえるでしょう。

中條夏子

1983年12月16日生まれ、東京都目黒区出身。2004年度ミス東京女子大学。合コン、飲み会、パーティー、仕事等、1週間に平均10人の新規男性に出会う生活から早12年。12年で約6,000人の新規男性に出会ってきた経験から様々な出会い、恋愛、男性に関するナレッジを蓄積。その経験を活かし、恋愛コンサルタントとして恋愛コラム執筆、恋愛相談、トークショー等幅広く活動中。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ