fbpx

休日が合わない彼氏との同棲どうする?すれ違わない同棲マナー5つ

たとえば彼は平日休みで彼女は土日休み。二人の休日が合わないからこそ、同棲を始めたカップルもいるでしょう。しかし、どちらかが転職しない限りは、休日が合わない生活は続きます。

彼がいない休日は少し寂しいかもしれませんが、一緒に過ごす時間が少ないからこそ、よりラブラブな関係を続けることもできるのです。そのために気をつけたい同棲マナーを紹介します。

マナー1 彼氏とのコミュニケーションをマメに取る

休日が合わない同棲生活での不安の一つに、「生活だけじゃなくて、気持ちまですれ違いになったらどうしよう?」という心配があると思います。

一緒に出かけるチャンスも少ないし、仕事で遅くなると疲れて話をするのも億劫になってしまいます。

そうやってお互いにコミュニケーションをとる時間が減ってしまうと、相手が何を考えているのか分からなくなり、気持ちもすれ違い、ケンカの原因になってしまうでしょう。分からないことが多いと、あらぬ疑いや不安を招きます。

一緒にいる時間が少なくても、彼が毎日どう過ごしているのか、何を考えているかなど、「彼のことが分かる」という状態になると、安心できるし信頼感も生まれるのです。

仕事で忙しい共働きカップルは「家ではいっぱい話そうね」「朝ごはんだけは一緒に食べようね」など、コミュニケーションをとる時間を確保できるように協力し合いましょう。

マナー2 忙しい彼氏を責めない


コミュニケーションをとる時間は多いほうが良い……とはいうものの、休日に一人で出かけて、カップルばかりの場所に行くと寂しく感じるでしょう。彼に「転職して!」と言いたくなるかもしれません。

寂しくて耐えられなくなったら、気持ちを伝えて話し合うことは大切です。けれども彼を責めるのはNG。彼も二人の生活のために仕事を頑張っているはず。頑張る彼に、「寂しい!」「転職して!」と言ってばかりでは、働くモチベーションも下がってしまいます。

彼が安心して仕事に打ち込むことができるのも、彼女が自立しているからです。無理して強がる必要はありませんが、寂しさを怒りに変えて、八つ当たりしないように注意しましょう。

マナー3 自分の考え方を変える


休日が合わない暮らしも考え方を変えれば、一人暮らしと二人暮らしのイイトコどりをしているともいえます。

同棲もしくは結婚生活を始めたカップルの多くは、しばらくすると「一人の時間が欲しい」という声が男女問わず聞こえます。

最初はどんなにラブラブな関係でも、長い時間一緒に生活をすれば付き合いはじめのドキドキ感は消え、当たり前の日常になります。そしてマンネリ化から、「一人になりたい」と思い始めます。

休日が合わない彼と暮らすことは、否が応でも一人になる時間ができるということ。美容や習い事など自分磨きにあてる女性は多いようです。ゆっくりしたり、女友達と遊ぶなど、彼に気を遣わないでいられる時間を有効活用しましょう。

マナー4 忙しい彼氏と休日は家事を分担し合う


女性に負担が多くなりがちな家事も、休みが違うからこそ彼にお願いしやすくなります。

というのも、彼が「休日が違うのに、彼女も頑張っている」と感じてくれたら、休みの日は彼女のために尽くしてくれる可能性が高くなるからです。

もちろん彼女がお休みの日には夕食を張り切って作るなど、たまにサプライズをしてあげるのも◎。休日にはそれぞれが家事を多めにやるという習慣ができれば、彼も家事メンに成長するでしょう。

マナー5 一緒の休日は楽しく過ごす


休日が同じの同棲生活だと、二人で過ごす時間は珍しいものではなくなります。出かけようと思えばいつでもできるし……とマンネリ化した生活になりがち。休日もダラダラ過ごしてしまったり、出かけても近所で終わってしまうことも多いでしょう。

けれども休日が違うカップルの場合、久々の休みが一緒になれば、お互いが有意義に過ごそうと努めるので、お出かけデートも新鮮な気持ちのままで楽しめます。

一人でいる時間と、二人でいる時間。どちらも大切にする同棲マナーでメリハリある生活になります。むしろマンネリ知らずのラブラブな関係を続けるチャンス!かもしれません。寂しさに負けず、楽しく過ごしましょう。

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ