fbpx

これでゾッコン!スイーツが苦手な男性が喜ぶ「バレンタインギフト」

そろそろ バレンタイン について考えるシーズンがやってきました。

好きな男性にチョコレートをあげるロマンチックなイベントは、何度経験してもワクワクドキドキしますよね。しかし、気になる相手が甘い物が苦手だと判明したら、どうすればいいのでしょうか?

株式会社湘南貿易では、甘い食べ物が苦手な男性に対し「 バレンタイン でチョコの代わりに欲しいもの」について調査を実施。男性の本音を“チョコ”っと聞いてみましょう!

食べ物編「美味しいものはやっぱり嬉しい!」

アンケートで多かったのは、ワインを代表とするお酒類やおつまみでした。甘くないお菓子などを希望する声も。

「お酒類、特にワインは嬉しい。自宅などで、2人で飲むこともできる」(30代/会社員)

「低価格で甘くなくて手軽なものですと、おつまみのスモークチーズが良いです」(30代/契約派遣社員)

「クッキーのような甘さの控えめな菓子か、贈り物として妥当な日用品でも良い」(30代/自営業)

お酒やおつまみをプレゼントすれば、その後二人で一緒に飲む機会もできるかもしれません。好きな人と乾杯できるなんて素敵ですね。チョコレートでは味わえない、オトナなバレンタインを味わうことができそうです。

アイテム編「普段使いができるとGOOD」

ハンカチやネクタイなど、日常的に身につけられるものも評判がいいようです。

「ネクタイや帽子など、自分の身に付けるものが良いかなとは思います。高価な物はいりません」(30代/会社員)

 「ネクタイやハンカチなどの普段使いできるアイテムだとありがたいです」(30代/自営業)

何回も使えて便利な日用品は、食べ物に比べてコスパもいいですよね。合理的なタイプの男性にはもってこいのプレゼントでしょう。

番外編「 バレンタイン に君がいてくれればいい」!?

意外に多かったのが、何もいらないから一緒にいてくれるだけでいい、というロマンチックな答えでした。

「好きな人がバレンタインの日に一緒にいてくれることが、一番のプレゼントです」(30代/自営業)

「彼女の笑顔です。どんなプレゼントよりも、それに勝るものはないから」(30代/会社員)

大好きな彼にこのようなことを言われたら、たまらないですよね。ただし、相思相愛のカップルにしか通用しない手段でもあるのでご注意をば。

女性が男性に告白できるバレンタイン。めったにないチャンスだからこそ、絶対に成功させたいですよね。勝負をかけたい人はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
この記事を読んだ人におすすめ