fbpx

男ってホント単純!? バレンタインで好感度が上がった女子の行動

バレンタインは唯一といっていいほど、女子からの告白が公に許されたイベントです。好きな人にアプローチをするきっかけとしても、こんなに最適なイベントはありませんよね。

なかでも今回は男性に聞いた、バレンタインで好感度が上がった女子の行動を集めてみました。

いつもとはちょっと違った雰囲気に大人の女性の色気を感じた

「バレンタイン当日、彼女が何となくいつもよりキレイに見えたんですよ。『メイク変えた?』と聞いてみると、彼女がすかさず『バレンタインだしね』といって微笑むので、ちょっとドキッとした。その日は会社終わりにチョコを渡されただけだけど、もし彼女と付き合ったら……と、妙な妄想がはかどりました」(27歳/製造)

お互いに両思いなら、当日はオシャレをして彼の気を引くのもポイント。あまり盛りすぎるのはマイナスですが、相手に「キレイ」と思わせてしまえば恋の成就はもう目の前です。

チョコをもらったあとでさりげなくLINEで気持ちをアピールされた

「周りの目を気にして『もし良かったら』とサラリとチョコとを渡してくれた彼女。ところがその数分後、『でも頑張って手作りしたから、愛情はたっぷりです!』とLINEでコメントをもらって、思わず含み笑い。秘密のメッセージを共有して以来、彼女とよく話すようになった」(28歳/営業)

わざわざ周りにわかるカタチで彼を呼び出したり、変に意識するようなチョコをあげてしまうと返って逆効果です。「良かったら」と、軽いノリで手渡すくらいが丁度いいようですね。

手作りチョコが完成度が高くて女子力を感じた

「日頃、熱心に仕事に打ち込んでいる同僚から『もらってくれる?』とひたむきに言われたとき。こう言ったら失礼だけど、入社してはじめて彼女がかわいいな、と感じた。しかも中身は手作りのチョコクッキー。『もしかして意外と家庭的?』と、それから彼女を見る目がだいぶ変わりました」(31歳/広告)

比較的付き合いの長い同僚なら、手作りのチョコをチョイスするのもアリのよう。ましてや、料理の腕に自信がある女性は、彼に家庭的な一面をアピールするチャンスです。

自分の仕事と趣味を理解してくれているプレゼントをしてくれた

020731

「残業続きの俺に、女友だちがチョコと疲れ目をケアするアイマスクをくれたんです。一緒に入っていたメッセージカードには、『これで目の疲れ取れるみたいだよ。だけど、やり過ぎはダメ!』と注意書きが。矛盾しているけど、もらった瞬間はすげー嬉しかった。こういう気遣いをしてくれる女性が嫁さんに欲しい」(29歳/SE)

どんなプレゼントをあげようか悩む女性も多いはず。ですが、彼の好みさえ把握してしまえば、プレゼントによっては相手との距離をグッと縮めることができそうですね。

全体を振り返ってみると、あくまでもさりげない行動が好感を生むようですね。彼との関係も考えながら、バレンタイン当日は彼を意識させる程度に留めておく。そして、徐々に彼との距離を縮めていくことを心がけた方が、より効果的なバレンタインアプローチになるのではないでしょうか。

 

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
この記事を読んだ人におすすめ