fbpx

初デートでサイゼリヤ・居酒屋はアリ?高い店を予約しないのは女の○○が悪い

今宵も婚活に息詰まる女子たちに辛口なアドバイスを行っているのは、「予想屋マスター」こと、平出心。

プロの競馬予想屋歴27年。テレビやSNSなどで活動の幅を広げる傍ら、自身のYouTubeチャンネルで様々な恋愛相談に答えている。

今回は「初デートでサイゼリヤはアリ?」について平出氏に意見を聞いてみた。

平出氏「居酒屋連れて行く男は無能なのよ」

平出氏:サイゼリヤは安くておいしいからいいじゃんって思うけど。

ただ、初デートのときサイゼリヤは、さすがにちょっと女の子もテンション上がらないよね。

サイゼリヤだったら口説ける確率も減るよね。

スタッフ:(最初のデートが居酒屋だったとかも聞きますよね。)

居酒屋連れて行く男は無能なのよ。

口説ける確率を自分で減らしてるわけじゃん。

今なんかさ、食べログでも一休でも探せばさ、飲み放題付きでちょっとおしゃれなイタリアンいくらでもあるからね。

だからそう見ると無能なんだろうね。

慣れてないから、予約も仕方もわからないから、どこ行ってもいいかわからない。

(だから)そこらへんの店、適当に入ろうってな感じになっちゃうんだよね。

同じ男性目線から見ても「サイゼリヤや居酒屋に連れて行く男は無能」だと言う。

たしかにスマホ1つで簡単に情報が手に入る時代だ。

さらに「女性 初デート お店」で検索したら、いくらでもノウハウを紹介しているサイトがある。

女性好みの店なんて容易にわかるだろう。

そのような状況であえて、サイゼリヤや居酒屋に連れて行くのだから、下調べはしていない可能性が高い。

気合いが見られない時点で女性がガッカリするのも無理はないだろう。

平出氏「いい店予約する男はさあ、遊んでるからね!」

平出氏:でも、女の子もわかんなくちゃいけないのはさ。

いい店予約する男はさあ、遊んでるからね!

女の子がどこ行ったら喜ぶかわかんないじゃん、普通の男。

(でも女の子は)「居酒屋連れて行くけど、浮気する男は嫌」みたいな話になるでしょ、結局!

居酒屋しか連れて行けないような男はさ、浮気しないより浮気できないから。

そういう意味で言うと堅実でいいじゃないって思うけど。

だからどうなんだろうなあと思うけどね。

「いい店の定義」にもよるが、平出氏が指摘する通り、女性のツボにぴったりの店を選ぶ男性はかなり危険だ。

食事の量や味付け、内装の雰囲気や照明までバッチリな店を選ぶ男性なんてそうそういない。

いたとしたら「相当な遊び人」かつ「他の女と何度も来ている」可能性大である。

間違っても「こんなお店を選ぶなんてセンスある!素敵!」と思わないように注意だ。

「ちょっと惜しいけどまあまあ合格点かな?」レベルが普通の男であろう。

また、居酒屋やサイゼリヤだとしても、彼が本当に気に入っている店ならば、頑張って選んでくれたのかもしれない。

金銭面では堅実と言えるので、結婚したら案外良い夫になる可能性も十分ある。

単に女性慣れしていないだけなら今後の教育次第で良きパートナーとなる場合も。

「初デートでサイゼリヤ!居酒屋!最低!」とすぐに切らずに、様子見してみるのもありだ。

サイゼリヤ・居酒屋なのは女性のドタキャン癖も原因!?

平出氏はサイゼリヤ、居酒屋を男性が選ぶのは、女性にも原因があると言う。

平出氏:もう1個(言いたいこと)があって。女もいけないところがあって。

あのね、高級店のキャンセルとかって…

女って最初のデートくらいだと、気分乗らないとドタキャンするやついるじゃん。

店でも本当にいいところだとなかなか予約取りづらいのよ。

(最初のデートがサイゼリヤや居酒屋になるのは)それもあるでしょ。

店選びできない男も悪いけど、ただ予約が怖いっていう男の気持ちもわかるんだよね。

そこはちゃんとした方が良いよね。

平出氏によると、女性側にドタキャンをされるがゆえに、高い店を選ばないという男性側の心情があるという。

たしかに女友達同士の約束でもドタキャンする女性は決して少なくはない。

平出氏の指摘するとおり、トラウマゆえに高い店を選ばないという男性の心理も理解できる。

単に不器用というわけでは無く、初デートでサイゼリヤや居酒屋で選ぶことで、女性を試しているのかもしれない。

いずれにせよ、「初デートでサイゼリヤはナシ!居酒屋はナシ!」と決めつけず、しばらくはデートを重ねてみてはいかがだろうか。

案外、素の彼を知って行くにつれて良いところが見えるかもしれない。

▼他の婚活相談動画も見たい方はこちら
「ひらいでしんチャンネル」

月島あおい
月島あおい

特技はピアノ、趣味は読書とインテリア。色々な温泉街の美容グッズコレクター。さまざまな視点から執筆活動を続ける。

>> article
アンケート by anke
この記事を読んだ人におすすめ