fbpx

東京&神奈川の花火大会!7月・8月開催の電車で行けるおすすめ8選(2019年版)

夏の夜空を彩る大輪の花火。

毎年、都内各所、神奈川県の東京湾沿いを中心に、多数企画されています。来場者が95万人を越える規模で開催される「隅田川花火大会」は、特に有名な伝統と格式ある関東の花火大会の一つです。

今回は、東京と神奈川の花火大会を8選厳選してご紹介。

空いてる穴場の花火大会や、有料席を事前購入できる花火大会まで、この夏絶対行きたいおすすめの花火大会を特集します!

<7月開催の花火大会>

東京と神奈川で開催される花火大会。2019年7月開催予定のイベントから、まずはご紹介致します。本記事では、各花火大会の規模と開催日程、そして、有料席の情報なども合わせてお伝えします。

荒川の風物詩「第41回足立の花火大会」

東京・荒川の風物詩となっているのが、足立の花火大会。例年70万人もの人出があり、関東随一の規模を誇る有名な花火大会です。

1時間で1万3000発もの花火が打ち上がり、短時間で様々な演出の花火を楽しめるのが魅力。

有料席もあり、全国のセブンーイレブン、チケットぴあ店舗の店頭での購入やホームページからの購入が可能です。開催日程は、2019年7月20日(土)、打ち上げ時間は、19:30~20:30。

意外と空いてるおすすめイベント「国営昭和記念公園花火大会 」

どこも混雑している東京の花火大会の中で、意外と空いてる穴場のイベントとなっているのが立川市で開催される「国営昭和記念公園花火大会 」。

都内では珍しい尺玉、一尺五寸玉など、大迫力の大型花火を楽しめるほか、花火職人の入賞作の打ち上げなど、他では見られない演出が見どころです。

こちらの花火大会では、有料席の前売りを行っており、ゆったりと観覧できます。例年の規模は24万人ほどとなっており、都内の花火大会に比べると空いてるのでおすすめ。

打ち上げ発数は5000発ほどです。 開催日程は、 2019年7月27日(土)、打ち上げ時間は19:00~20:00。

下町情緒を満喫!「第53回葛飾納涼花火大会」

50年以上の歴史を誇る「第53回葛飾納涼花火大会」は、下町情緒あふれる東京・葛飾区の名物イベント。

観覧席も設けられており、打ち上げ場所も近いので、臨場感あふれるダイナミックな花火を楽しめるのが人気の秘密。

会場からすぐ近くには、寅さんの映画でお馴染みの柴又帝釈天があり、沿道にはたくさんの出店や露店も並びます。

例年の開催規模は、77万人と都内有数の人出です!大混雑必至ですので、できれば有料席を購入することをおすすめします。 開催日程は、2019年7月23日(火)、打ち上げ時間は、19:20~20:20。

関東随一の規模と歴史を誇る「第42回隅田川花火大会」

関東随一の規模と歴史ある「第42回隅田川花火大会」は、例年95万人もの人出がある都内最大規模の花火大会です。

起源は1733年とも言われる隅田川花火大会は、元は「両国の川開き」に由来するという、伝統、格式共に一流の花火大会です。

とにかく大混雑する人気のイベントです。

東京の花火と言えば、この大会というほど知名度が高いので、一度は見ておきたい花火大会です。開催日程は、2019年7月27日(土)、打ち上げ時間は、19:00~20:30。 

未来型テクノロジーとのコラボ!「スターアイランド2019」

東京湾沿いで開催されていた10万人規模の花火大会「東京湾大華火祭」が、2020年の東京オリンピック会場建設との兼ね合いで今年は中止となりました。

代わりにおすすめするのが豊洲エリアで開催される「スターアイランド2019」。すべて有料席のみという新しい花火イベントは、最新テクノロジーとパフォーマンス、そして花火が融合した未来型花火です。

開催日程は2019年7月20日(土)、イベント開催時刻は16:00〜21:00。例年の規模は1万5000人ほどと空いてるので、穴場の花火大会です。

<8月開催の花火大会>

続いては、東京と神奈川で8月に開催されるおすすめの花火大会をご紹介していきます。

巨大な水中花火に感動!「開国花火大会2019」

東京湾沿いで巨大な水中花火が見られる「開国花火大会2019」は、神奈川県三浦半島で例年開催されている人気のイベントです。

例年の人出は20万人ほどの規模ですが、30分間に一気に5000発の花火が上がる様は圧巻です。有料席は自由席で2000円。開催日程は、2019年8月3日(土)で、打ち上げ時間は、19:15~19:55。

有料席もある穴場スポット「第71回青梅市納涼花火大会」

東京都の花火大会の中で、空いてる穴場スポットとしておすすめしたいのが「 第71回青梅市納涼花火大会」。

例年2万人ほどとかなり空いてる穴場の花火大会として知られています。花火大会、都内最大級の尺5寸玉が打ち上がる豪快な花火が見どころです。

「永山大照明」では永山丘陵に仕掛けられた噴き出し花火で赤松を浮き上がらせるという大胆な演出も。

開催日程は、2019年8月3日(土)、打ち上げ時間は、19:15~20:55。

8種類の演出が夏の夜空を彩る「第44回江戸川区花火大会」

東京都江戸川区と千葉県市川市で同時開催する「第44回江戸川区花火大会」は、都内有数の規模を誇る人気の花火大会。

江戸川区のみで、例年90万人もの人出があります。75分間に1万4000発の花火が上がるだけでなく、8種類の演出が楽しめるのが同イベントの見どころです。

開催日程は、2019年8月3日(土)、打ち上げ時間は、19:15~20:30。

江戸時代からの歴史がある打ち上げ花火で夏の風情を満喫しよう

この夏東京と神奈川で見たいおすすめの花火大会を8選ご紹介致しました。

7月、8月と人気の花火大会が目白押しです。

東京郊外や神奈川県まで足を伸ばせば空いてる穴場の花火大会もあります。都内で混雑する花火大会は、ぜひ、有料席を購入して、ゆっくりとご観覧ください。

関連情報

お散歩感覚で気軽に行ける!女子会にもデートにもおすすめの東京23区内キャンプ場&バーベキュー場7選

手ぶらでキャンプやバーベキューが楽しめる「グランピング」週末のおでかけにもぴったりな「関東のグランピングスポット」7選

喧騒を離れ自然を満喫できる1泊2日で行く奥多摩のおすすめ観光スポット

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ