fbpx

【恋愛心理学】男性が付き合う前に「セックス」したがる4つのワケ

顔を寄せ合うカップル
愛とセックスは別物!?

付き合う前の相手とホテルに行ってしまう……女性としては、なかなか想像しにくい事態かと思いますが、男性の心理から考えると、当然と言わざるを得ないことなのです。

今回は、そんな付き合う前にエッチしたがる男性の理由を考えてみました。

性欲・覚醒ホルモンの分泌

ホルモンの存在が男性の思考や本能に深く関わっている研究結果は多く見られます。その中で、「セックスしたい!」という衝動を引き起こしているのが「テストステロン」などのホルモンの分泌。実は、このテストステロンは、男性の方が女性よりも10~20倍も多く存在しているのです。

男性の性衝動が急激で強烈なのはそのため。さらに、性欲が高まったときにドクっと分泌される覚醒ホルモン・ドーパミンがテストステロンの生成を促します。この状態は特に、初対面の相手に強く感じるそう。つまり男性は、付き合う付き合わない以前に、はじめて会った女性に激しくそそられ、興奮するよう作られた生き物なのです。

生殖能力が第一

愛の言葉にも生殖本能が関わっているように、セックスしたいという欲求や衝動は、もともと子孫を増やすためのもの。しかも、人間の女性の妊娠サイクルは年に1回。そのため、恋だの愛だの言っていられない極限状況でも、男性は自分の子孫を残そうとします。つまり、男性のセックスへの衝動はなくならないようにできているのです。

男性が魅力的な女性に衝動的に飛びつきたくなるのは、長い年月をかけ子孫を残してきた「オス」の進化の証。「見た目が魅力的で健康!」と、強い遺伝子を持つ女性とセックスしたくなるよう、脳にしっかり焼き付いているのです。

愛とセックスは別物

ペンシルバニア大学の調査で、男性の脳は一つの物事を集中して取り組むのに適していると判明しました。つまり、セックスしているときはセックスだけを考えている、ということ。女性は愛という感情が伴わないとセックスできないのに対し、男性は愛とセックスを全くの別物と認識しているのはこのためです。相手が誰であろうが、極端な話、そこまで好きじゃなかろうが、誰とでもセックスできてしまいます。

そのため、男性は出会って間もない女性、付き合う前の女性ともベッドインできるという女性からすれば信じられないことが平気でできてしまいます。セックスはセックス、それ以上でもそれ以下でもない。女性が理解できないのはそこなのです。

女=若さ、健康、美しさ

どんな異性を魅力的に感じるかは、幼少期に形成された価値観で決まるのだそう。両親が口にした言葉、善悪の基準など、さまざまな要素が混ざって「ラブマップ」という異性を評価するためのスコアシートのようなものを形成します。

ラブマップの中身は人それぞれですが、基本的な傾向はあります。女性は学歴、経済力といったスペックなど、その男性が「何を持っているか」が重要な基準となり、男性は相手の若さ、健康、美しさが最優先されるのだとか。これをクリアした女性とは、自動的に「セックスしたい!」という欲求が膨れ上がります。つまり、相手のことを好きになったその時に、カラダの関係まで想像してしまうのです。

それでも人間が生きていく上で、愛し愛されることは必要不可欠。男性と女性の成り立ちや違いを正しく理解すれば、効果的な戦略が立てられるに違いありません。

花輪えみ
花輪えみ

恋愛ライター。血液型はO型。自身の占い好きが高じて、恋愛診断を生み出すまでになる。大学で心理学を学んだことに影響され、恋愛心理学・モテテクを追求している。

>> article

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ