fbpx

うわ、何コレ!男性がクリスマスにもらって困ったプレゼント

クリスマスまであと3週間を切りました!彼氏へのプレゼントはもう決まりましたか?

せっかく気持ちを込めて準備をした贈り物であっても、相手に喜んでもらえなかったら、悲しいですよね。

そんな失敗をしないためにも、男性を困らせてしまうプレゼントを知っておきましょう。

20万近くする高級な腕時計

「付き合って3年目のクリスマスに元カノから高級腕時計をもらいました。あとで値段を調べてみると、20万を超えていたので、このままもらってもいいものか、と悩みました。後日、それと同等のお返しを用意して、一件落着。とてもお金のかかるクリスマスでした」(30歳/SE)

プレゼントも奮発しすぎると、かえって相手を困らせてしまいます。

ちなみに、男性がクリスマスプレゼントにかける金額は、1万円から1万5千円が最も多く、女性の場合は、5000円未満が相場なのだそうです(マイナビ調査)。お互いの収入と世間の相場を目安に、背伸びしすぎない程度のものを選ぶことも大切ですね。

手編みのセーターやマフラー

「元カノに手編みのセーターをもらったことがあります。頑張って作ってくれたんだなというのは伝わってきましたけど、デザインも好みではなかったし、編み目もバラバラ。しばらくクローゼットの奥に保管して、別れたのをきっかけに処分しました」(31歳/会社経営)

手作りの品をもらって喜んでくれるかどうかは、男性の性格にもよります。もし、今年のクリスマスに手編みのマフラーをプレゼントしようと考えている人は、もう一度、彼の性格をよく見極めて。

手作りのぬいぐるみ

「学生時代に付き合っていた彼女はプレゼントにお金をかけない人で、誕生日もクリスマスも手作りのぬいぐるみでした。クマなのかウサギなのか、得体の知れないオリジナルのキャラクターで、これまで付き合ってきた男性にも渡していたようです」(26歳/ベンチャー勤務)

え、ユニクロの洋服よりも、安い。いくらなんでも節約しすぎてでしょ、と思わず突っ込みたくなるプレゼントですね。

余談ですが、この男性は当時の彼女と別れた今でも、もらったぬいぐるみは部屋に飾ってあるそうです。物に罪はないとはいえ、新しい彼女ができたら嫉妬されてしまいそう。

まずい手料理

「去年のクリスマスは仕事だったので彼女が手料理を用意してくれました。その気遣いはとてもうれしかったのですが、とにかくご飯が美味しくなくて。しかも彼女は『けっこう私の料理いけるね』と言いながら、普通に食べてるんです。味覚を疑いましたよ。結婚してもこんな感じだと、家で食事をするのがストレスになりそう」(30歳/営業)

男性であれば少なからず「結婚生活に嫁の手料理は大事」と考えます。彼の胃袋を射止めるつもりが、「結婚の見込みなし」のレッテルを張られないように、料理の腕は今から磨いておきたいですね。

実家暮らしで自炊をした経験のない人や自分の手料理に自信がない人は、料理教室に通って基礎から学んでおきましょう。

恋人へのプレゼントは、相手の笑顔をみるために贈るもの。自己満足で終わらずに、彼に喜んでもらえるものを選びたいですね。

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
この記事を読んだ人におすすめ