fbpx

ダサい彼氏を傷つけずに改造するテクニック

男は見た目ではない。アラサーともなるとこの真実に気づいて、イケメン度やお洒落度は彼氏選びの基準からは外れます。

しかし、あまりにダサいのは論外!そこそこレベルの見た目はキープしていただきたいものです。

そのレベルに満たないダサい彼氏に困っている女子へ、ヘアスタイルとファッションの面から彼を改善する方法を紹介します。

なんでうちの彼氏はダサいの?

まず、ダサい彼氏の特徴や心理について、確認したいと思います。

ファッションに興味がない

彼がファッションに無頓着なのは、そもそもファッションにあまり興味がない可能性が高そうです。女性であればちょっとコンビニに出かける際でも、メイクを直して服を着替えて……とTPOに応じた見た目に気を使いますよね。

でも、一般的には男性は女性ほど美意識に関心が高くありません。近所のコンビニなら部屋着のままで全然構わない、むしろわざわざ着替えるなんて煩わしい……といったタイプが少なくないものです。

特に男性は女性に比べて、「興味がないことは一切しない」というタイプが多いですよね。なので、いざ好きな人とのデートでも、自分が持っている服の中で一番マシな服を着ていくだけ、というレベルに落ち着いてしまうわけです。

センスを磨く大切さがわかってない

続いて考えられるのはオシャレやセンスを磨くということの大切さが分かっていないことです。

女性であれば見た目に気を配ることで、女性としての魅力が増し、恋愛にもプラスに働くことが多いですよね。

でも、男性の場合は見た目の良し悪しよりも、もっと内面的な魅力を重視されることが多いもの。

よって、女性に比べてファッションは二の次。見た目を磨くのなら筋トレをして、腹筋を割ることにベクトルを向ける男性は決して少なくなさそうです。

恋愛の楽しみがわかってない

最後は、まだ恋愛の楽しみに目覚めていない可能性です。なんだかんだ言って、オシャレな男性は女性からモテますよね。オシャレな人ほど、ファッションによる自分の見せ方が分かっているものです。

この服はクールに見える、この服はかわいく見える……といった感じに、自分の見せ方が楽しめている人は恋愛意欲が高まり、積極的に出会いを見つけようとしています。

それに比べてファッションに疎い男性は、「自分はどうせイケメンじゃないし……」と、男性としての自信を失ってしまっている人が少なくありません。

彼のやる気を引き出すためにも、ファッションから彼の新たな一面を見つけてあげると、彼が自分を変えるきっかけとなり、男性としてより一回り成長することにつながるかもしれません。

ダサい彼氏はこう改造する!

髪型チェンジ!美容師を巻き込むべし

彼に直接「あなたダサい。だから変わってほしいの」と言えたら一発で伝わりますし、どんなにラクなことでしょうか。

しかし、ご存知の通り、男性は非常にプライドの高い生き物。否定だけするのはNGです。イジけて内に閉じこもるか、不機嫌になるかのどちらかです。

まずは、ダサいヘアスタイルの彼を改造した猛者たちのテクニックをご紹介していきましょう。

「“美容院デート”はおすすめですよ。担当の美容師さんに『パーマが似合いそうですよね。小顔だし髪質良いし』と、グルになって持ち上げてもらいました」(29歳/広告)

「メンズのヘアスナップを彼に見せて『●●君、今のスタイルもいいけど、こんなのも似合いそう』と褒めました。するとその気になったみたいで、素直に美容院へ行ってました。」(32歳/営業)

「全力でご協力します!事前に彼女さんと軽く打ち合わせをできたら、当日は彼氏さんを最高にステキな髪型にできるよう、自然な流れで進めますよ」(33歳/美容師)

彼女たちに共通しているのは、自然な会話の中で、美容院へ行くよう仕向けていること。

そして、彼をアゲつつ、見事に変化させていること。決してけなしたり、ダメ出ししたりしないように。

美容師さんは職業柄、世にステキなヘアスタイルの男子を増やしたいと考えているものです。快く協力してくれるでしょう。

ファッションチェンジ!イベントのタイミングを狙うべし

次は、ダサいファッションの彼を改造した凄腕女子たちのテクニックを見てみましょう。

「誕生日、バレンタインデー、クリスマス。この三大イベントのプレゼントを、すべて同じメンズブランドの洋服にしました。気に入ってそればかり着ているようですが、自分で買いに行くときにも、そこのブランドへとシフトしたみたい。いい傾向です」(31歳/ブライダル)

「一緒に買い物へ行き、店員さんに話しかけてもらう空気を作ります。そこでおすすめアイテムを見繕ってもらった後、私と店員さんで彼を『こういうのも似合うね』と褒めまくり。ワンシーズンの買い物はすべてそこで完了」(27歳/編集)

「昔、ダサい恋人に服を買って、どう言って渡せばいいか店員さんに相談したことがあります。『●●君に似合うと思ったから買ってきたよ』と言えば、嫌みもなく彼も喜ぶのではとアドバイスされて以来、ずっとこの台詞を使っています。」(30歳/ネイリスト)

彼に着てほしいテイストの服やブランドを実際に着てもらい、「似合うね」「いいね」などと、刷り込む作戦は効果があるようです。

 

否定しない。褒めてアゲる。第三者を巻き込む。こういった方法で、険悪な雰囲気にならない、彼改造計画を遂行できるはずですよ。彼がダサい……という女子は試してみてはいかがでしょうか。

スキンケア!毛深い彼には脱毛をすすめる

清潔感さえ徹底できていれば、それほどオシャレじゃなくても……と考えるのは男女共通の感覚かもしれません。

今や、男性も脱毛サロンに通う時代。特にヒゲはその人の全体的なイメージまで変えてしまうほどのものなので、きちんとプロにケアしてもらうのがオススメ。

彼氏が嫌がった場合は「絶対にそっちの方がよくなる」「友だちの彼氏もやったらしいよ」などと言って促してみましょう。

彼氏にイメチェン話を持ちかける際は、一緒に寄り添うこと

 

洋服の買い物は絶対一緒についていこう

「初めて会った時は、チェックのネルシャツにジーンズとダサいファッションだった彼氏。ただ、顔が超タイプだったので付き合うことに。

クローゼットを見ると、同じようなダサい服ばかり!同じような服は処分して、何度か一緒に買い物に行って全身コーディネートをしました。今は彼氏も私好みのファッションが好きになり、センスも良くなってきました」(31歳/営業事務)

どんなに顔と性格がよくても、ファッションがダサかったら付き合えない!そんな女性も多いと思います。

しかし、ファッションセンスは磨けばなんとかなるもの。一緒に買い物へ行ってコーディネートしてあげると、いずれは彼自信のセンスもよくなるのではないでしょうか。

むしろ、自分好みの彼氏に大改造できる喜びが得られる!

ぱっと見はさえない男性でも自分好みに育て上げてしまう、飼育系女子は早く結婚を決めています。相手を内面で選べば、結婚は近いということは容易に想像できますよね。

男を育てるには少し強引くらいが丁度よさそう。「ここがダメ」「そこが変」と否定するのではなく「こうしたほうがカッコイイよ!」と肯定的なセリフを使って、友だちに自慢できる彼に飼育しちゃいましょう!

【関連記事】

【実話で研究!アラサー男子の恋愛観】彼氏が本当に喜ぶ誕生日の祝い方

彼氏へのプレゼントはこれ!アラサー男子が欲しがるアイテムとは!

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
恋愛相談はコチラ