fbpx

ばらまきチョコを活用!バレンタインに片思いの彼と距離を縮めるコツ

もうすぐバレンタイン。この機会に思いを寄せている彼に気持ちを伝えたい!と考えている女性も多いのではないのでしょうか。

しかしここで困ってしまうのが、同じ職場の男性に片思いしている場合。いつも顔を合わせている分、言い出しにくい気持ちも多かれ少なかれあるかと思います。

そんな女子にオススメしたいのが「ばらまきチョコ」戦法。義理チョコでもうまく使えば、効果的な技に変化するのです。今回はその「ばらまきチョコ」の方法とカラクリをご説明します。

「感謝の義理チョコ」を配る姿を見せよう

「ばらまきチョコ」は、言い換えれば「感謝の義理チョコ」のこと。感謝の気持ちを込めて、一人ひとりに「いつもありがとうございます」とチョコを渡せば、いつもよりちょっとプライベートなコミュニケーションをとることができます。仕事場では、数が多く入っている菓子折などがよいでしょう。

日頃から言葉でお礼を言うことも大事ですが、こういう非日常的な日に感謝を伝えることは大切。そんなあなたの姿を見せれば、異性同性関係なく、誰に対しても良い印象を与えることができます。もちろん、彼にもまた然り。

ではこの「ばらまきチョコ」を本命の彼にどう渡すのか……。実は彼にはこのチョコは渡しません。その理由を説明します。

本命の彼には「ばらまきチョコ 」を渡さない

彼以外のみんなに配り終わった後、彼だけに用意しチョコをこっそり渡しましょう。彼に渡すチョコは、明らかに「ばらまきチョコ」とは違うもの、例えば有名店のものや頑張って手作りしたものをチョイス。これだけで彼に特別感を味わわせることができます。

また、どれだけ気にしないようにはしていても、「ばらまきチョコ」を配っている女性の様子は案外目の端で捉えてしまうもの。自分だけもらえなかったことに気付く男性は多いはずです。

「自分だけもらえなかった、嫌われているのかも……」と勘違いした男性には地獄から天国が待っています。「俺だけってことはもしや……!」と考える男性には、予想を裏切らない喜びをプレゼントできるのです。

後で「彼だけ」のチョコに渡す時のポイント

さて、ここからが本番。大事な会話をしている時、誰かに邪魔されてしまったら空気も台無しですよね。しかし「タイミングを見計らって……」と様子をうかがっていたら日が暮れてしまいます。他のみんなに配り終わった時にでも「今日の帰り、少しお時間いいですか?」と仕事終わりの彼をキープしておきましょう。

まずは、ばらまきチョコをあげないかったことを最初にお詫びするのが肝心。そして「さっきは渡さなくてごめんなさい」とちゃんと謝った後に「実は……別に用意していて」と言って本命チョコを渡せば、気になる彼もときめいてしまうはずです。

バレンタインは恋のタネをまくチャンスの日。男性は「特別感」が大好物であることをうまく応用して、この「ばらまきチョコ」戦法でアプローチしてみてはいかがでしょうか。

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
この記事を読んだ人におすすめ