fbpx

むしろ彼氏からウザがられてる?「涙は女の武器」にならないケース3つ

「女の涙は武器」と言いますが、恋愛シーンにおいては涙をこらえた場合より話がこじれることも。彼と過ごすことが増えるイベントシーズンは、同時にケンカの危機も増えるもの。

せっかくの日に、大好きな彼から「泣くんだったら帰る」「泣いて済むと思わないで」と言われないためにも頭に入れておきたい、「涙を武器に出来ないケース」をまとめました。

1.彼に非がない「喧嘩の最中」に流す涙

そもそも自分が悪い場合は、涙を流したところで相手の心に訴える効果は薄いもの。女に慣れていない、根がやさしい男性の場合や、彼がずっと年上なケースなら、泣くことで彼からの追求が甘くなることも確かにあります。でも、ケンカが落ちついたころに彼の心に広がるのは「俺、なんか適当にごまかされてるかも」という彼女への不信感です。

自分が悪いんだけど、これ以上追求されたらどうしてもヤバい!ごまかせるなら泣きたい!という場合も、「泣けば許される」という考えがあまりに透けて見えると「信用ならない女」に仕分けされてしまうかも。涙に何かの効果を期待するなら、もめている最中の涙より、素直に謝り、許してもらった安堵の涙を見せる方がずっと効果的です。

2.「メンタルが弱い彼氏」の前で流す涙

世の中、女の涙に弱い男ばかりではありません。見た目から想像のできないようなメンタルの弱さを持った男たちにとって、女の涙はただただ「面倒」なだけ。そもそも、男が女の涙を見てキュンとしたり、可哀想に思う裏側には「自分より弱い存在を泣かせてしまった」という気持ちがあると思います。

メンタルが弱い自分に対して開き直りがあって、頑張り屋の女性のことを「この子はいざとなりゃ俺より強いんだ」と思っている男に涙を見せたところで「うわ、泣いてるし」としか思われない事も。「俺のほうが泣きたいんだからね!」と逆切れされたケースもあります。

メンタルの弱い男は不利になると口調からして攻撃的になるため、ケンカを終えるために「泣いて何とかなるのなら」と思う瞬間は確かにあります。でも「泣くだけ無駄な男もいる」ことは覚えておいてもよいかも。

3.「女の涙が嫌いな彼氏」の前で流す涙

普段から割とロジカルな考え方をする男や、男女平等にこだわる男、仕事関係の男にも、女の涙の効果が薄い事も。「泣いてどうにかしよう」ではなく、本当に心から悲しくてこぼれてしまった涙に対しても、平気で「泣けば済むと思ってない?」「そこで泣かれると話が進まない。泣き止むまで話すのやめようか」などと言い放つ男もいます。

感情的な女が苦手な男や、そもそも恋人ではない男など、女性の感情の揺れを受け止められない男に涙を見せて、「これだから女は」と思われるのはつらいこと。普段は理路整然としている彼を頼もしく思っていても、なんて冷たい人……と感じられ、女子サイドの気持ちまで冷めてしまう事もあります。

このタイプは、論理的に対応する方が聞く耳を持ってくれる事も多いので、泣きそうなときは「冷静に話せるようになったら話すね」と、いったん話を切り上げるのも手です。感情が激しているときはムリに話し合おうとしない方が、結果的に二人の仲が深まることもあるでしょう。

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ