fbpx

この人なら安心かも!女子が恋人と付き合っていて結婚を意識した瞬間

結婚のタイミングって難しいですよね……。世間では「授かり婚」で結婚する人がいまや珍しくないなかで、付き合いは長いけれど未だ結婚にいたらないカップルも多く見かけます。

一体、ベストなタイミングはいつ頃なのか。今回は、そんな女子が恋人と付き合っていて「この人なら……」と結婚を意識した瞬間を、筆者の周りにいる既婚者への取材を元に、いくつかエピソードをまとめてみましたのでご紹介します。

親の病気がきっかけで彼の誠実な性格が露わになった

「私の親が病気で入院したときに、彼がそのお見舞いに来てくれたんですよ。しかも私に内緒で、あろうことか直前になって『いまから病院に行くわ』と連絡をよこすので、もうビックリ。そのとき、彼は初めて私の両親と顔合わせをしたんですが、両親の反応も良くて『ああ、この人とならやっていけるかな』と実感しました」(29歳/福祉)

彼が自分や相手の両親とどう接しているのか。あるいは、長く生きてきた両親の目に彼がどう映るのか。どちらも相手との結婚を意識するうえで、とても大切なきっかけになりそうです。

ある年齢になったら結婚することをふたりで約束していた

「私たちの場合はお互いいい歳だし、『32過ぎたら結婚しよう』と前々から決めていたんですよ。付き合いも長いこともあって、彼以外の人と付き合うなんて考えもしなかったので。彼の稼ぎもそれほど多いわけじゃないですが、一緒に働けばなんとかやっていけると思ったので、32になった節目に結婚しました」(33歳/販売)

約束ができるのは、お互いがお互いのことを信頼できているからですよね。そもそも彼との関係が上手くいってなければ約束も果たせないので、このふたりにとっての約束はもはや後付けだったのかもしれません。

これまで感じられなかった相性の良さで、半年経たずスピード結婚

「相性が良かったからでしょうか。彼とは会って半年も経たないうちにスピード結婚しました。周りからは『そんなに早くして大丈夫?』といわれましたが、私は彼と話をしていて『結婚するなら、もうこの人しかいない!』と思ったんですよね。年齢もあると思いますが、これまで結婚を意識する人と出会えなかったので、そういう感覚を与えてくれた彼には感謝してもしきれません」(30歳/メーカー)

結婚したいけど、結婚したいと思う人になかなか出会えない。そんな女性は意外と多いのでは? 彼女の場合もそうだったようですが、ようやくそう思える人に出会えたのだそう。スピード婚でもそう考えれば納得がいきそうですね。

若い頃に出会っていた相手と30代過ぎて恋愛関係に発展

「彼と出会ったのは20代前半、友人の紹介で飲んだのがきっかけだったんですが、仕事も趣味も違ったので共通する部分が見当たらなかったんですよね……。しばらく疎遠になっていたんですが、30過ぎてからふたりでも飲むようになって。意外と話が弾んだので、それから交際に発展、1年前に結婚しました。元々性格は合っていたのと、何年も前に会っていたのが安心材料だったのかもしれません」(28歳/広告)

はじめて会ったときは意識していなくても、数年経ったら異性としてアリだったってことありますよね。お互い人生経験を積んで異性を見る目を養ったことで、優良物件は意外と身近にいたと気づくのかもしれません。

結婚のタイミングは人それぞれですが、「この人なら……!」と思う相手であれば、交際期間や結婚するタイミングをあれやこれや言うのは野暮なのかも。あなた自身が決意できる人が現れたとき、その人こと結婚にふさわしい人なのかもしれませんよ。

柚木深つばさ

フリーランスライター。「AppWoman」「恋学」「ハウコレ」「愛カツ」「ラルーン」「ウレぴあ総研」「教えて!gooウォッチ」「マイナビニュース」など、女性向けWeb媒体を中心に恋愛、モテテクに関する記事を連載。読者目線を心掛けながら、男女にまつわる素朴な疑問を解決できるような記事作りをモットーにしている。

>> article
この記事を読んだ人におすすめ
恋愛相談はコチラ