fbpx

マジメアラサー女子こそ不倫にハマる!ゲス男につけ込まれる「いい子すぎる」考え方2つ

男性に後ろから襲われる女性

新年早々、世間を騒がせたベッキーの 不倫 騒動。キレイで明るく、いい子のベッキーと「 不倫 」のミスマッチに驚いた人も多いのでは?

でも、我が強くて男にだらしない女がハマると思われがちな 不倫 の恋にどっぷりハマってしまうのは、実は「いい子」のほうが多いんです。では、マジメな女性ほど「 不倫 ゲス男」につけこまれてしまう理由は、何なのでしょうか?

不倫 につけ込まれる理由:控えめすぎる

普通に結婚願望のある女子にとって、不倫は本来コスパが悪いもの。そして、なんだかんだと幸せをつかむ女は、男女関係において肝心なところを外しません。

既婚者に誘われても「不倫なんて私のことバカにしてる?口説くなら奥さんと別れてからにして!」と躊躇なく言えるし、「おかしいかも?」という点を見てみぬフリをすることがないため、独身のフリをした既婚者に引っかかることもありません。

ある程度の我の強さは幸せをつかむためには必要です。でも、いい子タイプはこういった主張がとても苦手。「人を疑うのは悪いこと」と思い込んでいたり、小さなことでも喜べる謙虚で控えめな性格が仇になり、誘われるままに不倫の恋に足を踏み入れてしまいがちです。

さらに「私は二番目でもいいの」と間違った方向に控えめさを発揮してしまうことも。不倫の恋はロマンチックな面もあるので、一度足を踏み入れるとハマるのはたいがい女のほう。そうなったら手遅れです。

「嫁とうまく行ってない」「じゃあ別れてから誘って」「基本、土日は忙しいかも」「ホントに彼女も奥さんもいないの?おかしくない?」こんな風に、言うべきことを心にためない強さは既婚者に「つまみ食い用の女」と思わせる隙をあたえない魔除けになるかもしれません。

不倫 につけ込まれる理由:健気すぎる

不倫彼の常套句「嫁とうまく行っていないから、家にいるのが辛い」「俺は別れたいのに嫁が拒否する」などの「俺かわいそう」トークに、心から同情してしまうのも不倫にハマるいい子の特徴。本来、彼と妻の問題はその二人のものであり、それをほかの女に愚痴ること自体、冷静に考えればどうかしています。

というか、夫婦の問題のあれこれを外でペラペラ話す男なんかイヤですよね?でも、不倫にハマる「いい子」タイプは、なぜかここで健気さを発揮しがち。例えば、「奥さんがそうなら、彼の心を支えてあげられるのは私だけ」「奥さんの気持ちの整理がつくまで待ってあげよう」といった考えから見て取れます。

普通は、奥さんに待って「あげよう」なんて言えませんから、ちょっとポイントがずれた健気さと言えるでしょう。目先の辛さを彼と共有したつもりになっていると、そもそも「彼が結婚している」という一番大きな問題に目がいかなくなってしまうのかもしれません。

「いい子」が持っているピュアさを間違った方面に出してしまうと、不倫狙いの既婚者につかまりがち。控えめさも健気さも、見せる相手を間違えないようにしたいものです。

【関連記事】

一途なアナタは危ない!?「不倫常習女」に見られる3つの共通点

【不倫】ハマりやすいのは●●座!星座別「不倫危険度」ランキング

泥沼はお断り!既婚男性からの「不倫願望むき出しの誘い」を断る方法

中野亜希

東京在住のフリーライター。 音楽・読書・写真・わんこ・お酒、美容が好き。

>> article
アンケート by anke
この記事を読んだ人におすすめ