fbpx

今すぐ結婚したいなら必見!彼に安らぎを与える女性になるコツ

現在交際中の彼と結婚したい……そう夢見る女性も多いはず。幸せにゴールインするためには、彼にとって一緒にいて安らげて、居心地のよい女性になることが大切です。そこで今回は、既婚女性に「彼に安らぎを与える存在」になるために心がけたことを尋ねてみました。

「お互い自由に過ごす」のが安らぐコツ

まずは、普段から心がけていたことについて聞きました。

「束縛せず、お互い自由に過ごすことです。たとえ彼が少々遅く帰ってくることがあってもスルー。とくに突っ込んだりはしませんでした。信頼し合っていると、落ち着いた雰囲気が生まれるんですよね。穏やかさ、和やかさは大事だと思います」(30歳/IT)

「なんでこんなに遅く帰ってくるの」「もっと早く帰るはずだったよね」なんて問い詰めるのはNG。結婚してもこんなに責められるのか……と思うと、プロポーズなんてしてくれません。信頼すると相手にも伝わり、彼自身も「彼女のことは裏切れないな」と思うはずです。

「外ではデキる営業マンな彼。その反動なのか、家ではすごく甘えてくるんです。思いっきり甘えさせてあげると、彼にとっても癒やしの時間になるみたい。仕事のやる気につながるならいいかと思い、“ママ”にならない程度に可愛がっていました」(27歳/メーカー)

仕事がデキる男性ほど家では甘えん坊になる……といった話を聞くことも少なくありません。おおらかな心で受け止めてあげることで、彼にとっての家は「帰りたくなる安らぎの空間」になるはずです。

家事で背伸びしすぎない

次は、結婚の決め手のひとつになる「家事」をする際に、心がけたことについて聞きました。

「あまり無理し過ぎないことでしょうか。料理にしても他の家事にしても、自分のペースでやることが大事だと思います。『どうして私だけこんなに家事を頑張らないといけないの』『彼は何もしてくれないのに』なんて思いが生まれると、心に余裕がなくなって、あまりよい結果にはならないので……」(28歳/広告)

気持ちに余裕がなくなると、彼に当たり散らしてしまう可能性もあり、お互いにストレスを感じることにつながります。結婚前に疲れないよう気をつけたいところ。

「会社役員をしている彼は会食が多く平日夜はほとんど外食で、味の濃いものを食べる機会が多め。だからこそ休日は家庭的な料理を作って、カラダによいものを食べてもらいたいなと。味付けは薄めで和食がメイン。『懐かしい味がする』と喜んでいましたね」(32歳/

R)

結婚後の重要事項となる食事。「ホッと安心できる味」で結婚前から彼の心をつかんでおきましょう。

帰宅すると心が安らぐような場や雰囲気づくりーーそれをできる女性が彼の結婚相手になれるはずです。

梅田マトン

出不精系アラサー女子ライター。恋愛コラムを書くためのネタ探しを兼ねて飲みに行くことが多い。一方、家でゴロゴロするのも大好きなため、休日家から一歩も出ないことも。趣味は友人男女を出会わせてお見合いさせること、彼と食事に行くことなど。

>> article
アンケート by anke
この記事を読んだ人におすすめ