fbpx

ハニートラップでハイスペック男子を惑わす5つの技術

狙ったターゲットのエリート男性をひっかけ、ハートと秘密を盗むハニートラップ。短期間で相手の心を開いて魅了する、という技術には女性として大いに学ぶところがあるはず。

これはひっかかってしまうかも……という手法をハイスペック男性に聞きました。

胸・お尻を強調!海外ドラマのようなセクシー衣装はエリートに人気

「胸が見える服装だと、露出が少ない女性よりも良く映る。アメリカだとドレスコードとして当たり前」(40歳/金融)

「フトモモが見えると、女らしくていい、落としたい!と思う」(38歳/不動産)

「パンツよりスカート。さらにお尻が強調されるスカートなんか最高。短絡的だと自分だと思うけど、初対面で男性の興味ひけなければそれで終わりだからね」(36歳/商社)

答えてくれた男性ほとんどが30代後半から40代の海外経験ありのエリート。彼らには胸かお尻を強調するファッションが人気。下品にならなくこういったドレスファッションを着こなせるのは、海外での社交を知る彼らにはポイントが高いようす。

相手にピッタリくっつくと男性の心の温度がUP

「飲んでいる時に、自分の近くに座っている子を好きになる傾向がある」(33歳/経営者)

「相手と近ければ近いほど、好感度は高い。対面よりも横。相手が膝をくっつけて来たらそりゃ、オッ、でしょ」(32歳/不動産)

気を惹きたい男性の横に座る、というは基本ですが、心の距離もどうやら縮まるようです。

ピュアな女に男は弱い!清純な印象を持たせるが吉

「スレたオンナは、どうでもいいなと思う。いろんな店をよく知っていて連れまわしたり、訳知りに批評したがるオンナは苦手」(41歳/貿易)

「本気で好きになるなら、やっぱり真面目そうな子。でも服はセクシーなほうがいい、そのギャップが、いい」(40歳/商社)

「ちょっと薄幸そうな感じの子だと、助けてあげないとと思う。逆に仕事バリバリやってたら助けてもらおうかな」(38歳/広告)

なかなか勝手なハイスペック男性たちのご意見。セクシーだけど清純な心の持ち主と一緒にいたいという声が多数。お店選びなどは少し頼りないくらいがいいのかもしれません。

アタックするならお酒の場を選ぶべし

「お酒を飲むと、そんなに可愛くない女の子でも可愛く見えてくるから不思議。飲み屋でハニートラップがあったら引っかかる自信がある」(33歳/経営者)

「行きつけの飲み屋の女の子、店に着いた時は可愛くないんだよ。でもだんだん酔って来ると、可愛く見えてくる。二重に見える位酔っ払ってくると可愛く見えてくるから面白い」(37歳/経営者)

「お酒を飲んでいる女の子は女らしさが出てきて、こっちもキュンとなる」(26歳/IT)

お酒の席では、ノンアルコールの場よりも男性は恋に落ちやすい模様。女性が口説かれるのにもお酒の力は絶大。くれぐれも自分が飲みすぎて持ち帰られてしまわないよう。

狙った相手がいればちゃんと情報収集するべし

「ヴィジュアルがまぁまぁの娘でも、話があうと積極的にアタックするかも」(39歳/商社)

「普通にかわいいのに、業界の旬な話題など知的な会話が飛び出すと驚く」(44歳/不動産)

なるほど、頭のいい男性はそこそこ話が弾む相手を求めているようですね。事前の情報収集がすべてなのかもしれません。

以上、短期間で彼の心を射止めたい、合コンやパーティなどで使えそうな5つの技術。気になる彼に、ぜひ試してみて。

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
この記事を読んだ人におすすめ