fbpx

妄想男子・松潤が逆告白?失恋ショコラティエに学ぶバレンタイン攻略法

有名ショコラティエ小動爽太(こゆるぎそうた)に扮する松本潤のエロティックな妄想や、したたかな小悪魔女子・高橋紗絵子を演じる石原さとみの愛らしさが話題のフジテレビ系月9ドラマ「失恋ショコラティエ」。

月刊flowers(水城せとな/小学館)で好評連載中の同名漫画が原作で、少女漫画ならではのコメディや胸キュンストーリーが見どころになっています。

バレンタインを目前に控え、同ドラマに登場する高橋紗絵子(石原さとみ)、加藤えれな(水原希子)、井上薫子(水川あさみ)といった、爽太をとりまく個性的な3人の女性からバレンタインの攻略法を探ってみましょう。

八方美人は本命のモチベーションを下げる原因に

紗絵子は、些細なしぐさやオシャレに対する気配りに余念のないモテモテ小悪魔女子です。この手の女性からチョコレートをもらうと、男性はとても嬉しいでしょう。でも、義理チョコをあげる際に異性の喜ぶ一言を添えて相手を翻弄してしまうのが、小悪魔女子の悪い癖です。

周りから見ると誰が本命なのか分かりません。意中の異性から「俺は本命じゃないんだな」と思われる可能性が高いので、本命と義理の境界線はしっかり引くようにしましょう。

“友だち”の壁を壊すための手作りチョコレート

えれなは、爽太と体の関係を持ってしまう、一見自由奔放な女性です。とは言え、実際は1人の男性に密かな想いを寄せる純粋な一面もあります。

相談にのってもらえるサバサバした女性の性格は、男性にとって付き合いやすいものですが、友だちとしか見られないことも。手作りのチョコレートを渡して普段見せない家庭的な一面を見せると、相手の見方が変わるかもしれませんね。

男勝りな生真面目タイプはキュートな既製品を選んで

薫子は、1人で生きていけそうと思われてしまう男勝りの女性です。秘めた想いを誰に打ち明けることもなく思い詰め、悪い方向に考えが向かっていくこともしばしば。

このタイプの女性は、手作りのチョコレートを渡すと重く受け取られてしまうことがあります。でも、女性らしい一面を見せたいと思いますよね。そんな時は、キュートなデザインのチョコレートをチョイスしてプレゼントするのがいいでしょう。

ドラマでは、爽太が紗絵子のためにおいしいチョコレートを作っています。バレンタインは女性から男性に告白するのが通例ですが、時には男性からの逆チョコをもらいたいですね。

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
この記事を読んだ人におすすめ