fbpx

「ノンシリコンだから大丈夫」は間違い?髪を傷めないシャンプーの選び方

数年前から注目を集めている「ノンシリコンシャンプー」。

ちょっぴり割高だし、なにより評判が良いため、ノンシリコンシャンプーならどれを選んでも大丈夫!と、過信してはいませんか?きちんと成分を理解していないと、どんどん「パサ髪」が進行してしまうかもしれませんよ。

「ノンシリコンシャンプー」についてちゃんと理解してる?

そもそも「シリコン」とはコーティング剤の一種。キューティクルに付着し、ツヤを出して手触りをよくする効果があります。ただしそれは一時的なもので、髪のダメージを根本から補修する効果はありません。むしろ、髪や皮膚の呼吸を妨げ、髪の傷みを進行させたり、シリコンが落ちるときに、キューティクルまでもが剥がれてしまうことも。

そのシリコンを取り除いたシャンプーが「ノンシリコンシャンプー」なのです。「やっぱり髪にいいじゃん!」と思われるかもしれませんが、結局シリコンとは別のコーティング剤が入っているものがほとんど。むしろ、シリコンよりも髪にとって良くない成分が入っている製品があることも、否定はできません。

以下のポイントを守ってシャンプーを選ぶようにしましょう。

洗浄成分

市販シャンプーの洗浄成分のほとんどが「石油」。しかし、これでは洗浄力が強すぎて、髪本来の必要な成分まで洗い流してしまうのです。「ラウリル」や「硫酸」は石油系成分なので要注意。また、石油と同程度の威力を持つ「スルホン酸」も避けましょう。

オススメは「アミノ酸」です。余分な汚れのみを落とし、肌に優しい低刺激。カラーやパーマの持ちも良いのが嬉しいですね。

コーティング剤

「ノンシリコンシャンプー」で使われがちなコーティング剤は「カチオン系界面活性剤」や「ポリマー」など。とはいえ、コーティング剤フリーでも手触りがゴワゴワになってしまうデメリットがあります。

そこでオススメなのがここでも「アミノ酸」。髪本来の潤いを残してくれるので、コーティング剤ナシでもしっとりとした手触りになるのです。

さあ、今日からのシャンプーは、“ノンシリコン”かつ“アミノ洗浄成分入り”で“コーティング剤フリー”の製品。キレイを作るのは髪の毛から。街ゆく人がふり返るような、ツヤツヤの美髪をキープしてくださいね。

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ