fbpx

あぶらとり紙よりティッシュ!顔のテカテカを抑えるスキンケア

顔のテカリを抑える方法

夏のお肌の大敵は紫外線と、顔のテカリ。「化粧してしばらくすると顔がテカリだし、すぐに化粧崩れしてしまう……」「自分の肌に合うファンデを捜し、コスメ探しの旅が終わらない!」そんなストレスから解放されたいですよね。

顔のテカリの原因、そしてそのテカリを抑える正しいスキンケアをご紹介します。

テカリの原因は「肌の乾燥」!

顔のテカリは、毛穴から分泌された皮脂がテカっているもの。皮脂が分泌されるのは、角質層を、乾燥から守ろうとする防御作用なのです。これ以上乾燥しないように、表面に油膜をはって頑張ってくれているんですね。

角質層の水分量が十分足りている場合は、肌が「あまり皮脂を出さなくても大丈夫」と判断し、皮脂分泌も少ないまま。しかし、足りていないと過剰反応し、大量に皮脂を出して肌を守ろうとしてしまいます。顔のテカリは「肌の乾燥」が根底にあるといえるでしょう。

「あぶらとり紙の使いすぎ」はNG!皮脂はティッシュでオフ

皮脂が分泌されるのは角質層を守るため、ということは、肌表面の脂が少なくなったと肌が判断すれば、当然また皮脂を分泌します。よってあまり肌表面の脂分を取り除きすぎるのは危険そのもの。そこで、よくやりがちなNG行為が「あぶらとり紙の使いすぎ」なのです。

顔のテカリを抑えるのに即効性があるので、つい使ってしまうあぶらとり紙。その時、徹底的に皮脂をとってしまっていませんか。前述したように、肌表面の皮脂が異常に少なくなると、反射で大量に皮脂を出すので多用するのは逆効果。今まで使っていた回数を半分に減らしてみてください。

皮脂が出てしまった時はあぶらとり紙よりもティッシュペーパーがおすすめ。余計に皮脂を吸い取ってしまうあぶらとり紙に対して、ティッシュペーパーは適度に皮脂をおさえることが可能です。その際、ティッシュペーパーを広げて優しく抑え、こまめに皮脂を抑えるのがポイントです。

洗顔のお作法「適度、適温、保湿」

洗顔のしすぎや、熱湯での洗顔も皮脂の取りすぎにつながります。基本は朝晩2回、汗を多くかいたときにその都度回数を増やせば十分。

また、体温と同じくらいかそれ以下のぬるま湯が洗顔の適温。洗浄力が強すぎる洗顔料もダメージのもとになるので、刺激の少ない洗顔料に変えてみるだけで乾燥は改善の方向に向かうでしょう。

テカるのが嫌で乳液やクリームを塗らない人は意外と多いもの。しかし、化粧水だけでは水分を肌にキープできません。すぐに蒸発してしまい、乾燥~皮脂大量分泌の悪循環になってしまいます。

角質層に与えた水分を閉じ込め、皮脂を分泌させないように、化粧水を塗ったらすぐに蓋をしてやらなければなりません。その蓋の役目をするのが乳液やクリームなのです。

ただ、ベタつきやすい肌に油分たっぷりのクリームは向きません。オイルカットタイプのジェルやさっぱりタイプの乳液を使ってください。

もちろん、規則正しい生活や適度な野菜を摂取すること、また日常的に保湿を欠かさないことは肌を守ることに近づきます。「美肌は一日にしてならず」をモットーに、コツコツと努力していきましょう。

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ