fbpx

もう失敗しない!不器用女子が簡単に「美ネイル」になるコツ

合コン前のネイル

普段あまりネイルをしなくても、合コンや飲み会に誘われた時は「ネイルをしようかな」と考えるのではないでしょうか。

ネイルサロンに行く時間が無い時は、自宅でマニキュアを塗るという方も多いと思いますが、仕上がりが汚かったり剥げてしまったりすることが多いと思います。

そこで今回は、自宅で簡単にマニキュアを綺麗に仕上げるコツをまとめてみました。

固まったマニキュアは「目薬」で溶かす

久しぶりにコスメボックスの中のマニキュア見てみると、買ってから殆ど使っていないのにマニキュアが乾いて固まってしまっていた、なんてことはありませんか?

そんな時は目薬が活躍します。除光液を入れる方もいると思いますが、液体が分離してしまうのでオススメできません。

やり方は、マニキュアの瓶に目薬を数滴入れてよく振って混ぜるだけ。あっという間にマニキュアが復活します。

忘れてない?ベースコート&トップコートは必ず塗る

ネイルが綺麗に仕上がらない理由の大きな原因の1つとして爪の表面がしっかりと滑らかになっていなことが考えられます。そのため、トップコート、ベースコートは忘れずに使いましょう。

また、マニキュアを塗る際にいきなり塗るのではなく一度要らない紙の上などに出してしっかり筆をしごいてから塗るようにすると塗りやすいですよ。

爪の長さが変わる!「甘皮」の処理をしっかりする

指の長さに対して爪の長さがどれだけ長く見えるかどうかで、指の美しさが決まると言っても過言ではありません。同じ手でも甘皮を処理しているかどうかで、爪の縦の面積が増えてすらりとした手に近づきます。

さらにネイルの持ちにも関わってくるので、爪の根元にある甘皮のケアと処理は必ず行いましょう。

ネイルグッズがなければ、竹串や爪楊枝に濡らしたコットンを付けて優しく押しましょう。普段から甘皮の手入れをきちんとしていると爪の形も綺麗に伸びてマニキュアの塗りがいのある爪になりますよ。

早く乾かしたくてもNG!無理やり風に当てない

とにかく焦っていると失敗してしまいがちなのがセルフネイル。早く乾かしたくて、扇風機やドライヤーなどの風を当てて乾かそうとした経験はありませんか?

実はこれは逆効果。風量が強すぎると、マニキュアがよれてゴツゴツした仕上がりになってしまいます。

ポイントは距離を離して冷風に当てることです。特に、二度塗り、三度塗りしていると風を受けた奥のほうにマニキュアが固まってしまいがち。また、長時間風に当てると手の肌も乾燥しやすくなるので、ハンドクリーム等での手のケアも忘れないでくださいね。

手首を固定して塗る

普段から慣れていないと、右手と左手の仕上がりにムラができてしまいがち。

そこで、利き手ではない方の手でマニキュアを塗る時は、手首を机の上などでしっかり固定してグラつかないようにしましょう。そうして塗ると塗りやすくなります。でも、直接机の上に置いたりすると手が痛くなるので、タオルなどを置くことを忘れずに。

それでも「セルフネイルに自信がない!」という人には、ネイルシールやネイルチップを1セット持っておくといいかもしれません。

男性に見られるだけではなく自分のテンションを上げるためにも大事なのがネイルです。上記のコツをぜひ使ってみてくださいね!

記事協力:ITnail

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ