fbpx

デートでピンチ!ジェルネイルが剥げたときの応急処置法

急いで身支度をしている時に限ってストッキングが伝線したり、ネイルが剥げたりしてしまうもの。特に大事なデート前に起きたりして、思わず泣きたくなってしまうような身支度のトラブルは女性なら一度は経験があるのではないでしょうか。ストッキングや髪に引っかかったりして、ジェルネイルの一部が欠けてしまったり、爪の形そのままにポロっと全部取れてしまうこともあるかもしれません。

そんな爪でデートに行くなんて絶対に嫌ですよね。 今回は、ジェルネイルが剥げてきてしまった時の緊急対処法についてまとめてみました。

やってはいけないNG行動とは?

ジェルが剥げかけてきたときに決してやってはいけないのが、かさぶたを剥がすようにベリっと全部はがしてしまうこと。自爪が一緒に取れてしまうので爪がダメージを受けてしまいます。弱った爪では次回以降のネイルの持ちが悪くなり、すぐに浮いてきてまた剥がすという悪循環にもなりかねないので気をつけましょう。

普段から持ち歩いていると安心なネイルグッズは?

浮いてきた部分は、 トップコートを塗ることである程度対処が可能です。 完全に剥がれてしまったらNGですが、ジェルの端が浮いてきてしまった部分に塗ると持ちが多少良くなるのがトップコートです。普段からトップコートをマメに塗っておくとジェルの黄ばみや変色対策にもなるので、1本は持っておいて損はないでしょう。

緊急手段はコンビニでも手に入るアレ!

急いでいて、修復グッズも何もない……。そんな時に緊急手段として使いたいのはコンビニなどでも売っているアロンアルファなどの瞬間接着剤です。

ネイルチップ用のグルーと同じなので、取れそうな部分に流し込んで応急処置をすることが可能です。あくまでも緊急手段用としての方法ですがデート中にどうしても爪が剥げると困る!今この瞬間を乗り切れれば後はどうでもいい!という状況の一時しのぎには使えます。

アセトンで落とせますが、もちろん長期間の使用はNGです。爪が痛んだり、中にカビが生えるグリーンネイルの原因にもなりかねないので継続使用は絶対にしないでくださいね。

ジェルが取れてしまった爪は、ネイルチップやシールで乗り切ろう

早めにネイルサロンに行くのがベスト、といっても予約がすぐに取れない場合もあるでしょう。爪の弱い方は、自爪だと割れてしまいそうで不安になることもあるかもしれません。そんな時は色合いを合わせたネイルチップやシールを持っておくと保護しながら凌げますよ。

手汗をかく女性は要注意!ジェルネイルは水と乾燥に弱い

デートで手をつなぐかもしれない…そんなドキドキがあなたのネイルの持ちを悪くしているかもしれません。 ネイリストさんにお話を伺ってみると、手汗をかく人はかかない人に比べてジェルの持ちが圧倒的に悪いそうなんです。

ジェルが中途半端に取れかかった状態は爪にとって決して良い状態ではありません。デートの予定が決まったら早めにネイルサロンの予約をしたり、普段からジェルが取れやすい人は予約の間隔を短めにすることで、ヤバめの状態にならないようにしてくださいね!

記事協力:ITnail

上岡 史奈

探偵歴11年の元女探偵。探偵社が経営する探偵Barの店長も勤め、ソムリエ資格取得後フリーに。 現在は、「ソムリエノート」というサイトの管理人と恋愛カウンセリングや婚活サイトの監修などもマルチに行っている。

>> article

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ