fbpx

目指せピンク色!「水切りヨーグルト」で乳首の黒ずみを解消しよう

ヨーグルトで乳首パック

なかなか人には相談できないカラダの悩みと言えば、バストトップの色。他人と比べづらい部位だし、正しいケアも分からない……なんて女子も多いはず。

そこで今回はあまり知られていないバストトップのお手入れ方法についてご紹介します。

バストトップが黒ずんで見える原因はブラにあった?!

まずは、バストトップの黒ずみの原因について、説明をしていきます。

一つ目は、加齢による新陳代謝の遅れ。歳を取ると、肌の新陳代謝のスピードが遅くなります。そうすると、本来、自然に剥がれ落ちていくはずの古い角質が、そのまま肌に残り、皮膚が黒ずんで見えます。

二つ目は、外部からの刺激によるもの。皮膚が外部から刺激を受けると、「メラニン色素」が生成され、皮膚を守ろうとします。

ところが、このメラニンが過剰に作られると、表皮に蓄積されてしまうため、黒ずんで見えるようになってしまうんです。

意外と落とし穴なのが「ブラジャーとの摩擦」。サイズの合わないブラをつけていると、バストトップと生地が擦れて摩擦を生み、乳首や乳輪が刺激を受けてしまいます。本人は気にしない程度の摩擦であっても、長い年月その状態でいると、次第にメラニン色素が蓄積していくことに。

これを防ぐには、バストサイズをこまめに計測するのがポイント。特にダイエット中は、バストサイズが変わりやすいので要注意です。ブラジャーはできれば試着してから、自分の胸に合ったものを購入するようにしましょう。

日本人は、濃い色をしていて当たり前!

乳首は、もともと肌を黒くするメラニン活性が高いため、擦れたりするだけで黒ずんでしまう部位なのだそう。ただ、その程度は肌質によって個人差があるので、体質によって黒ずみやすさは異なります。また、日本人は白人種のようにメラニンが少ない人種ではないため、乳輪の色がやや濃い色をしています。ですから、日本人なら乳輪は濃い色をしていて当たり前。

男性はそれほど女性の乳首の色を気にしていないものなので、乳首の色であまり神経質に悩まないようにしてくださいね。また、「性交渉が多いほど乳首の色が濃くなる」といわれることがありますが、これは何も根拠がない迷信です。

水切りヨーグルトで「乳首パック」をやってみよう

最後に、バストトップを憧れのピンク色に変えちゃうお手入れ方法をご紹介します。

用意するものは、ボウル、ザル、キッチンペーパー、無糖のプレーンヨーグルト、コットン、ラップ。

1.ザルをボウルに乗せ、キッチンペーパーを置きます。
2.その上にヨーグルトを流し込んで、冷蔵庫で一晩寝かせます。
3.ボウルの下に溜まった液体(ホエー)をコットンに染み込ませて、乳首にあてます。上からラップでパックした後、5分ほどその状態で放置してください。最後に洗い流して、パックは終了です。

この「ホエー」と呼ばれる上澄み液には、保湿効果や美白効果があるため、これを乳首に塗るだけで漂白されるのだそう!

残ったヨーグルトはパンにつけたり、チーズのようにして食べることができるので一石二鳥!リーズナブルで簡単な「乳首パック」。ぜひ皆さんもお試しください。

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ