fbpx

ノンシリコンだから安心じゃない!素髪を守るシャンプー選びとは?

最近はドラッグストアで専用売り場ができるほど、注目を集めている「ノンシリコンシャンプー」。注目度と値段の高さから、ノンシリコンならどれでも髪によさそうですよね。しかし、ノンシリコンシャンプーを選ぶ際には、他にも重視すべきことがあるのです。

そもそも「シリコン」って何?

「シリコン」とは、コーティング剤の一種。キューティクルに付着して髪をコートする作用があり、ツヤを出して、手触りをよくする効果があります。コーティング剤入りのシャンプーを使うと、一見髪の状態が良くなったように思えます。

しかし、あくまで髪をコートするだけで、髪の補修・保湿など、髪質自体を良くする効果はありません。

コーティング剤は髪や毛穴に油膜をはるので、必要な栄養分が浸透しなかったり、髪や皮膚が呼吸しにくいなどの問題点があります。コーティング剤入りのシャンプーに頼っていると、髪本来の力を失い、髪の痛みを進行させてしまいます。

「シリコン」の特性としては、吸着力が強いので、落ちる時に一緒にキューティクルも剥がしてしまいます。そのシリコンを取り除いたシャンプーが「ノンシリコンシャンプー」と呼ばれている種類です。

ノンシリコンならどれでもOK!ではない

しかし、「ノンシリコンシャンプーなら、どれでも髪にいい」というわけではありません。

ノンシリコンというと、髪をコートする成分が入っていないようにも思えますが、髪の手触りを考え、シリコンとは別のコーティング剤が入っているものがほとんど。

コーティング剤、または洗浄成分によっては髪を痛めるシャンプーもあるので、注意が必要です。

ノンシリコン以外に重視すべきポイント

ノンシリコンシャンプーを選ぶ際は、次の点もチェックしましょう。

洗浄成分

一番こだわりたいのは「洗浄成分」。 市販シャンプーのほとんどの洗浄成分が「石油」です。これは洗浄力が強過ぎ、必要な髪本来の成分まで洗い流してしまいます。

「ラウリル」や「硫酸」とつくものは石油系洗浄成分ですので、使用していないものを。石油と同じくらい強い洗浄力を持つ「スルホン酸」洗浄成分も、避けることをお勧めします。

お勧めする洗浄成分は、「アミノ酸」。肌と同じ弱酸性で、低刺激。余分な汚れのみを落とし、潤いを奪いません。カラーやパーマの持ちがいいのも、嬉しいところ。

コーティング剤

シリコン以外のコーティング剤が入っていないかも、チェックしておきましょう。「カチオン(陽イオン)系界面活性剤」や「ポリマー」がつく成分表記は、代表的なコーティング剤なので避けましょう。

コーティング剤フリーだと手触りが心配ですが、その点でも「アミノ酸」がお勧め。石油は潤いまで洗い流すので髪がきしみますが、アミノ酸は髪本来の潤いを残すので、しっとりした手触りになります。

「ノンシリコン」だけでなく、「アミノ酸洗浄成分」で「コーティング剤フリー」のシャンプーを選べば、髪本来の力を取り戻すことができます。シャンプー選びの際には是非参考にしてくださいね!

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ