fbpx

既読スルー!男性に聞いた「重すぎるLINE」を送る女とは

既読スルー重すぎる男

意中の人との距離を縮めるツール、LINE。デート前後の連絡手段としてはもちろん、会えない間のコミュニケーションにも使いますよね。でも、用法を間違えると男性から「重い。重すぎる……」と引かれる可能性も。

今回は男性に今までに女性から受け取った、重すぎるLINEについて話を聞いてみました。

メッセージを連投する

「こちらから返信するまで短いLINEを延々と送ってくる女性……。『ねぇ』とか『疲れた』とか意味のないものが多いです。ずっとLINEの画面を見て、既読になるのを監視していそうで、こういう人と付き合うのは無理だなと思いますね」(28歳/商社)

メール全盛期だった時代も「連メ(連続メール)」は嫌がられる傾向がありました。やはり何度も間をおかずにメッセージが届くと、鬱陶しさや息苦しさも感じられてしまいそう。

長文を送ってくる

「LINEって短いメッセージをポコポコ送れるのがメリットじゃないですか。でもひとつひとつのメッセージが長文で、しかもたくさん送りつけてくる女性は重たいなと思うかも。読むのもツラいし、ボリューム多すぎでしょと感じてなりません」(30歳/IT)

長文メッセージも「重たさ」の象徴です。「一目見ただけでウッとなる」「返信する気が失せる」といったリアルな感想も。読み手の立場に立ったスタイルでメッセージを送りましょう。

返信が早すぎる

「返信するとすぐに既読になって、また即座に返信してこられると、ちょっと引いてしまいます。もちろん急ぎの用事をやりとりしているときは、瞬時に返信が来るほうがありがたいです。でも、何でもないやりとりのときでも、常に即レスされるとちょっと萎えてしまいます」(28歳/コンサル)

返信スピードは時と場合によって変えるのが望ましいです。常にすばやいと「暇なのかな」と思われる可能性もありますし、ときにはしばらく間をおいてから返信するとミステリアスな雰囲気も出せるはず。

自己完結している

「返信にこまるような内容の長いメッセージが送られてきて、しばらく既読スルーしていたら、『返信はいいです。さっきのは気にしないでください』『ちょっと気が動転してたのかも……あああスミマセン』といった、メッセージが。なおさら返信しづらいんですけど……と感じたことはありました(笑)。結局返信はしませんでしたね」(32歳/出版)

メンヘラっぽさが漂う自己完結系。相手とコミュニケーションを図る気がなく、自分の世界だけで生きているようにも見えるかも。

リアルで会っていないときのLINEで「重たい」と思われると、その後のデートの予定がなくなってしまうかも……。いい意味でライトなLINEを心がけたいものですね。

梅田マトン

出不精系アラサー女子ライター。恋愛コラムを書くためのネタ探しを兼ねて飲みに行くことが多い。一方、家でゴロゴロするのも大好きなため、休日家から一歩も出ないことも。趣味は友人男女を出会わせてお見合いさせること、彼と食事に行くことなど。

>> article
この記事を読んだ人におすすめ
恋愛相談はコチラ