fbpx

【モテ歯】黄ばんでいると最悪!歯を白くキレイに保つ3つの習慣

「芸能人は歯が命」と言われているほど、見た目に大きく影響する歯。小さな部位だからといってあなどれません。

いくらスタイル抜群でファッションがキマっていても、歯が黄ばんでいるだけで一気に残念な印象になってしまうもの。そこで今回は、いつまでも真っ白で健康な歯でいるために、気をつけたい習慣をご紹介します。

食生活は歯に影響する!控えたい食べ物・飲み物

歯が黄ばんでしまう原因は、食べ物や飲み物の色素が歯に付いて、着色してしまうことにあります。この汚れを「ステイン」といい、紅茶やコーヒー、赤ワイン、ケチャップ、チョコレートなど色の濃い食べ物や飲み物を摂取することで付いてしまうのです。

しかしこれらを全く摂取せずに生活するのは難しいですよね。一番理想的なのが、食べたり飲んだりしたあとにすぐ歯を磨くこと。出先などでそれが難しいならば、水を含んで口内全体に行き渡らせるだけでも効果がありますよ。

百害あって一利なし!タバコは汚歯の原因

歯が汚くなる代表格といってもいい「タバコ」。ステイン汚れとは違い、ニコチン汚れはなかなか落ちにくく、歯にこびりついてしまいます。歯に着いたニコチン汚れは、歯の表面を茶色く染めてしまい、色の質としてもタチが悪いものと言えます。歯医者さんでホワイトニングしてもそのままタバコを吸い続けていたら意味がありません。

歯以外にもあらゆる面に悪影響を及ぼすタバコ。辛いかもしれませんが、禁煙することが白い歯になる一番の近道でしょう。

うっかり忘れてない?毎食後歯を磨く

歯についた汚れは時間が経つほど落ちにくくなってしまうので、毎食後きちんと歯を磨くことが「美歯」を保つ一番簡単かつ大切なこと。いつもカバンの中に歯ブラシを忍ばせておきましょう。

とはいえ忙しい毎日を送っている皆さん。毎食後、特にランチの後などはなかなか難しいかもしれません。そんな時は綿棒を使って歯の表面を擦るだけでもオッケー。化粧直しにも使えるので、常に持ち歩いておくと便利ですよ。

すでに歯が黄ばんでいるのが気になる人は、市販されているホワイトニング剤を試してみたり、歯医者さんに相談したりして下さい。多少のお金や時間をかけてもキレイに保つべきパーツであることをお忘れなきよう、日頃からきちんとケアしましょう。

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ