fbpx

男はみんな「おっぱい星人」!?モテる「おっぱい」の使い方とは

フェチにもいろいろありますが、いくつになっても男性はぷるぷる「おっぱい」が好きなようです。夏になり肌の露出が増えると、男性の視線も自然とおっぱいに吸い寄せられるはず。

そこで今回は、夏デートで使わないともったいない「おっぱいテク」をご紹介します。

「お待たせ~!」待ち合わせに遅れたら走っておっぱいを揺らせ!

デートは待ち合わせの時から始まっています。まずはそれを意識して、彼とのファーストコンタクトをとりましょう。

理想としては5分ほど遅れて「ごめんね、待った~!?」と言いながら小走りで彼に駆け寄りましょう。ほどよい上下運動が発生することで、おっぱいも自然にぷるんぷるんと揺れてくれるはず。

さらに彼の目の前にきたら、胸に手をあててあがった息を整えましょう。手を胸元に持ってくるだけで、彼の視線をおっぱいに誘導することができます。

歩く時は腕を組み、彼の腕におっぱいをくっつけろ!

テッパンテクニックとも言えるでしょうが、これをされて嬉しくない男性はいません。せっかくですから、全力で彼の腕にしがみついてみては?

人ごみを歩く時は「迷子になりそう!」と言いながら、夕方近くになったら「疲れたな」と言いながら、様々な場面でさりげなく腕を組み、彼におっぱいを意識させちゃいましょう。

カフェでは横並びで座ろう!彼の真横でおっぱい&谷間を見せつけろ!

デートの最中、カフェで休憩するタイミングがあると思います。その時は、座る位置を普段より意識してみて。

多くの場合、向かい合わせの席に座ると思いますが、今年の夏は絶対に「横」に並ぶようにしましょう。ですから、お店に入る時にはカウンター席を希望するのがポイントです。

横に並べば、先ほどの「腕組み」を応用したボディタッチでおっぱいに近づけることもできますし、正面から見るよりも横から見た時の方が自然と谷間が見えやすくなります。

休憩中でも、おっぱいの気は抜かないようにしたいですね。

汗を拭く時は首から胸元も忘れずに!

屋外はもちろんのですが、屋内でも人ごみに長時間いると汗がにじみでてきます。女性としてはメイク崩れを抑えたいので、顔の汗を優先的に拭うという人も多いでしょう。しかし、この時こそ色気を出すチャンス!

汗を拭くなら、首から胸元も忘れずに。首が傾き、胸元も開くと、その時まで隠れていた部分の肌をチラリとのぞかせることができ、自然と「チラリズム」を演出できてしまいます。

さらにドキッとさせたければ、拭く動作のどさくさに紛れて服をパタパタさせて、風を発生させてみましょう。

「恥ずかしいな」「バカバカしい」なんて思わず、一度トライしてみてください。彼の反応を見れば、あなたの考えも変わるかもしれませんよ。

 

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
この記事を読んだ人におすすめ