12 min

シミ消しクリームおすすめ11選|プチプラ・韓国・メンズ別おすすめを選び方付きで紹介

年齢や外部の環境によって、肌にハリやツヤがなくなるケースはよくあります。

そしてその影響から、シミができて悩む人が男女問わず多いです。

「大好きな彼とデートするのに、シミで肌が荒れていて嫌だ」「最近シミができてコンプレックスになっている」など、肌の悩みは切ってもきれない関係ですよね。

いっそのことクリニックに通って直す人もいますが、費用が高額で手を出せない人もいるかと思います。

そんな人には、シミ消しクリームがおすすめです。

シミ消しクリームであれば、費用的にクリニックほど高額ではないですし、通販や市販でも気軽に購入できます。

では、一体どんなシミ消しクリームがあり、おすすめなのでしょうか。

この記事では、おすすめのシミ消しクリーム11種類をジャンル別にご紹介します。

他にも、シミ消しクリームの選び方や使い方についても解説しますので、シミで悩んでいる人はぜひ最後までご覧ください。

シミ消しクリーム人気のおすすめ5選

シミ消しクリーム人気のおすすめ5選

シミが気になる方は、質のいいシミ消しクリームを使えば効果が期待できます。

中でも、以下の5つのシミ消しクリームは、人気かつ質のいいクリームなので、おすすめできます。

  • POLA|ホワイトショット SXS
  • ビーグレン|QuSomeホワイト2.0
  • アンプルール|ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
  • DECENCIA|サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート
  • 資生堂|ホワイトルーセント

それでは、順番にご紹介します。

POLA(ポーラ)|ホワイトショット SXS

POLA(ポーラ)|ホワイトショット SXS
出典:ポーラ
項目詳細
価格13,200円(税込)
内容量20g :3ヶ月分
美白成分ルシノール・ビタミンC誘導体
その他の成分グリチルリチン酸2K(抗炎症)・m-シューター(保湿、抗炎症)・クリアノール(保湿、抗炎症)
特徴・肌に密着しやすいクリーム・シミが濃くなる過脂化メラニンを抑制成分開発・美白有効成分「ルシノール」にてシミを防ぐ
公式HPhttps://net.pola.co.jp/ec/pro/disp/1/0509

ポーラの『ホワイトショット SXS』は、クリーム状の質感がぴったり肌に密着しべたつかない使用感が魅力的です。

価格は、13,200円と比較的高いものの、ポーラ独自開発である以下の成分が十分に配合されています。

  • m-シューター
  • クリアノール

独自開発成分によって、シミが濃くなるメラニン色素を抑制するので、十分にシミを防げます。

つまり、密着性が高いかつポーラ独自の美白成分が肌の隅々まで行き渡ります。

肌のうるおいが長時間維持でき、効果的なシミの予防に繋がるのでおすすめです。

特に、長時間肌のケアをしたい人やシミが濃い人に最適な商品です。

以下は実際の主な評判や感想を記載しているので、ぜひご覧ください。

  • 保湿力が高く化粧水のうるおいを閉じ込めてくれる感じがして、透明感のある肌に仕上がりました。
  • 継続的に使用したことで、濃いシミが薄くなりました。

ビーグレン|QuSomeホワイト2.0

ビーグレン|QuSomeホワイト2.0
出典:ビーグレン
項目詳細
価格6,600円(税込)
内容量15g :1ヶ月分
美白成分ハイドロキノン・TGP2・ビタミンC誘導体
その他の成分メラトルピン(保湿)
特徴・ビーグレン独自の浸透技術により、より深く肌に浸透・肌の不要物を分解するセルフクリーン機能でリバウンド防止・色黒く残る紫外線ダメージを消す
公式HPhttps://www.bglen.net/products/detail/QHC1

ビーグレンの『QuSomeホワイト2.0』は、ハイドロキノンを融合し、メラニン色素を抑制します。

そして、ナノテクノロジーを活用したビーグレン独自の浸透技術を駆使し、より深くシミに的確にアプローチします。

つまり、他メーカーの同じ配合率のハイドロキノンよりも性能がよく、高い効果が得られます。

また、ベタつかずにしっとりと肌に馴染むので、乾燥に強くなり紫外線のダメージを跳ね返すのが大きな魅力です。

これらの性質より、シミやニキビ跡がひどいと感じる人や乾燥に弱い人には最適な商品です。

使用した人からは、多くの好評をいただいている商品です。以下に、主な評判や感想を記載しているので、ぜひご覧ください。

  • 保湿力がしっかりとあり、乾燥肌である私にはぴったりの商品でした。
  • ベタつかない感じがよく、気になっていたシミも薄れてきました。

アンプルール|ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

アンプルール|ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
出典:アンプルール
項目詳細
価格11,500円(税込)
内容量11g:約1〜1.5ヶ月分
美白成分ハイドロキノン
その他の成分ビサボロール(保湿)・甘草フラボノイド(保湿)α-リポ酸 (整肌)・シコンエキス(整肌)
特徴・特殊ゲルの密着で、気になる1点を集中ケア・ハイドロキノンの成分特徴時間により、時間差で気になる部分のケア
公式HPhttps://www.ampleur.jp/skincare/lw/1104.html

アンプルールが販売する『ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110』は、新安定型ハイドロキノンを高配合しています。

ハードジェル状の質感が肌に密着し、マイクロカプセルに包まれた新安定型ハイドロキノンが時間差でメラニンを除去します。

クリームを塗ればより深く、長く肌に浸透するので、絶大な効果が期待できます。

気になるシミの箇所を、寝てる間に集中ケアするので、頑固で強力なシミでも問題なく排除できます。

これらの効果により、寝てる間にシミ消しをしたい人やより深く肌に馴染ませたい人には最適な商品です。

以下に、主な評判や感想を記載しますので、ぜひご覧ください。

  • 夜だけ使用すればいいので、2ヶ月半持ちました。効果もあり長く使えるのでいい商品です。
  • 肌が乾燥しているときに使うと、染み込みがすごいので、肌のうるおいがすごいです。

DECENCIA|サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート

項目詳細
価格6,050円(税込)
内容量30g:約1.5ヵ月
美白成分アルブチン(β-アルブチン)・アーティチョーク・ムラサキシキブ果実・セイヨウノコギリエキス・デイ・リリー
その他の成分グリチルリチン酸2K(抗炎症)・セラミド(保湿)
特徴・ホワイトサイクルシステムで、敏感肌ケアやシミケア、
 くすみケアに対応・紫外線や花粉などの外部刺激から肌を守る・美白有効成分「アルブチン」配合で、メラニンの生成抑制
公式HPhttps://www.decencia.co.jp/

ディセンシアが販売する『サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート』は、シミが加速するメカニズムに焦点をあて、製品を開発しました。

独自のホワイトサイクルシステムで、敏感肌により発生するくすみやシミなどをケアし、メラニンの生成を抑制します。

特に、美白成分としてシミを防ぐ有効成分「アルブチン」が配合されています。

なので、シミを悪化させることなく安心して使用できます。

さらに、紫外線や花粉などの外部からの刺激を守る効果もあるので、花粉症で肌荒れの人には最適な製品です。

以下、評判や感想になります。

  • シミ消し効果だけでなく、保湿力も高いので、使用していて一石二鳥の気分です。
  • つけ心地が良くて、肌への馴染みがいいです。乾燥も落ち着きました。

資生堂|ホワイトルーセント

資生堂|ホワイトルーセント
出典:資生堂
項目詳細
価格12,500円(税込)
内容量30g
美白成分アルブチン(β-アルブチン)・アーティチョーク・ムラサキシキブ果実・セイヨウノコギリエキス・デイ・リリ
その他の成分グリチルリチン酸2K(抗炎症)・セラミド(保湿)
特徴・独自のレニュラテクノロジーによりシミやそばかす防止・明るく清らかな輝きを引き出すグリーンフローラルの香り
公式HPhttps://brand.shiseido.co.jp/white-lucent-illuminating-micro-s-serum-4514254970331.html

資生堂が販売する『ホワイトルーセント』は、シミをカバーする「コンシーラー」と「美白美容液」が融合した製品です。

美白有効成分「4MSK」が含まれているので、浸透させればメラニンの生成を抑えシミ・そばかすの予防ができます。

さらに、シミやそばかすの予防ができるだけでなく、うるおいによって透明感をまとって内側から輝くような肌を演出できます。

また、大手美容メーカーである資生堂の製品なので、信頼性も抜群です。

安心してシミ消ししたい人や美白効果にも期待したい人には最適な製品です。

以下、評判や感想を記載しています。

  • 赤ニキビ跡にも効果がある商品なので、長く愛用しています。
  • 光沢がありマットにならずキレイに付きます。なので、ファンデーションのみの場合より肌がキレイに見えます。

ドラッグストアで買えるプチプラのシミ消しクリームおすすめ2選

ドラッグストアで買えるプチプラのシミ消しクリームおすすめ2選

シミ消しクリームは、デパートや通販だけでなくドラッグストアでも購入可能です。

ドラッグストアであれば、身近で安価に購入できます。

特に、マツモトキヨシやパパスなどのドラッグストアは店舗数も多いため、いつでも気軽に購入可能です。

ドラッグストアで買えるプチプラのシミ消しクリームは、以下の2点がおすすめです。

  • ケシミンクリーム
  • プラセホワイター|薬用ホワイトニングクリームa

それでは、順番にご紹介いたします。

小林製薬|ケシミンクリーム

小林製薬|ケシミンクリーム
出典:小林製薬
項目詳細
価格1,800円(税込)
内容量30g
美白成分L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステル
その他の成分サラシミツロウ、ステアリン酸、流動パラフィン、硬化油、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、親油型モノステアリン酸グリセリル など
特徴・ビタミンCが誘導体によりシミが分解される・血行を促進させるビタミンE配合・バージニアホワイト+配合でうるおいに満ちた透明感ある肌へ
公式HPhttps://www.kobayashi.co.jp/seihin/kmn_c/

小林製薬が開発する『ケシミンクリーム』は、バージニアホワイト+を配合し、うるおいに満ちた透明感ある肌を演出します。

他にも、ビタミンC誘導体やビタミンEなども配合しています。

ビタミンC誘導体は、シミの元をしっかりと分解し、シミやそばかすの抑制をします。

一方、ビタミンEは血行を促進する働きがあり、シミ防止だけでなくさまざまな肌のトラブルを改善させます。

そして『ケシミンクリーム』は市販で販売されているので、価格も安く気軽に購入できます。

デパートや通販で購入するよりも安くシミ対策を済ませたい人には最適な製品です。

以下に、主な評判や感想を記載しています。

  • ニキビにも効果があると聞いたので購入して使用したところ、3ヶ月経った頃にはニキビがほぼなくなってきました。
  • ドラッグストアで安く購入でき、シミ消しの効果も抜群でした。

プラセホワイター|薬用ホワイトニングクリームa

項目詳細
価格1,800円(税込)
内容量30g
美白成分アルブチン(β-アルブチン)・アーティチョーク・ムラサキシキブ果実・セイヨウノコギリエキス・デイ・リリー
その他の成分グリチルリチン酸2K(抗炎症)・セラミド(保湿)
特徴・コラーゲン・ハトムギなどの美容成分によりシミやシワ、
 たるみのないツヤ肌に
・薬用美白成分プラセンタがお肌の奥まで浸透・美白をイメージする洗練されたホワイトフローラルの香り
公式HPhttps://lohaco.yahoo.co.jp/store/h-lohaco/item/9081206/

プラセホワイターで開発している『薬用ホワイトニングクリームa』は、薬用美白成分とうるおい成分を掛け合わせてシミ予防をします。

コラーゲンやハトムギなどの成分が含まれているので、シミをなくすだけでなく、シワやたるみを作らないツヤ肌が期待できます。

また、本製品は国産プラセンタを含んでいます。

古くから医薬品として用いられてきた成分なので、疲労回復や抗アレルギー作用などの効果もあります。

よって、さまざまな効果が期待できる製品なので、シミ予防だけでなく幅広い効果を実感したい人におすすめできる商品です。

評判や感想は、こちらになります。

  • シミ対策とシワ対策の両方に期待して購入しました。クリームの密着感があるので、どちらも効果を感じています。
  • 塗ると肌が滑らかになりました。次の日の化粧のノリがいいです。

韓国の人気シミ消しクリーム2選

韓国の人気シミ消しクリーム2選

実は、美容に気を使うことで有名な韓国には、美白・美容効果が抜群なシミ消しクリームが多くあることで知られています。

高級なものからプチプラなシミ消しクリームまで、種類が豊富で日本でも手に入れられるクリームもあります。

特に、以下の2点は韓国のシミ消しクリームの中でも人気があるものです。

  • LANEIGE|オールキルクリーム
  • APLIN|ドミナクリーム

下記で詳しくご紹介いたします。

LANEIGE|オールキルクリーム

LANEIGE|オールキルクリーム
出典:アプリン
項目詳細
価格2,100円(税込)
内容量50ml
美白成分
その他の成分
特徴・10種類ものビタミン誘導体が配合により、シミやシワ改善や 外部環境から保護・アロエベラエキスで高い保湿力を保つ・椿オイルで皮膚の酸化を防止し、肌の保湿と鎮静に効果あり
公式HPhttps://www.qoo10.jp/g/602569558/Q164685703

オールキルクリームは、韓国コスメでも人気で有名なシミ消しクリームです。

製品の特徴として、10種類のビタミン誘導体が配合されています。

なので、外部環境から肌を守りシミやシワを改善する効果が高いです。

また、アロエベラエキスも配合しているので、高い保湿力も兼ね添えています。

よって、美肌効果が期待でき、シミ以外の予防もできる商品です。

乾燥肌の人やシミを綺麗さっぱり無くしたい人にはおすすめできます。

以下に、主な評判や感想を記載しているので、ぜひご覧ください。

  • ニキビ跡が少し薄くなったし、柑橘系の香りがいい匂いで好きです。
  • クリーム塗ってもすぐに馴染んでベタつかない。

APLIN|ドミナクリーム

APLIN|ドミナクリーム
出典:ドミナス
項目詳細
価格4,500円(税込)
内容量50ml
美白成分
その他の成分
特徴・ハイドロキノンが含有しているので、シミ消し効果あり
公式HPhttps://www.qoo10.jp/g/607259485/Q166784972

『ドミナクリーム』は、痛みを感じないシミクリームとして韓国で有名で人気な製品です。

人気がある理由は、ハイドロキノンの配合率の高さです。

一般的に、日本ではどんなに高くても2%の配合です。

しかし、韓国では2%以上のハイドロキノンが配合されているものがほとんど。

本製品は、ハイドロキノンが4%まで配合されているので、日本のシミ消しクリームの2倍の効果が期待できます。

シミがなかなか取れなくて悩んでいる人には最適な商品です。

実際の使用者の感想になります。

  • シミがずっと気になっていたので購入しました。1ヶ月ほど経った時に旦那さんから「肌綺麗になったねシミ薄くなった?」と言われました。効果はあると思います。

メンズ向けおすすめシミ消しクリーム2選

メンズ向けおすすめシミ消しクリーム2選

近年、男性も肌質を気にしたり化粧をしたりと、メンズも美容に気を使う時代になりました。

女性がシミ消しクリームを使うと思いがちですが、メンズ向けのシミ消しクリームも存在します。

主に、以下の2点がメンズ向けのおすすめクリームです。

  • クワトロボタニコ | ボタニカル スポッツ ソリューション
  • cliche|紬

クワトロボタニコ | ボタニカル スポッツ ソリューション

クワトロボタニコ | ボタニカル スポッツ ソリューション
出典:クワトロボタニコ
項目詳細
価格5,500円(税込)
内容量50g
美白成分コウジ酸 / モダマ抽出液 / 黄山薬抽出液 / アルニカエキス /甘草フラボノイド / ビタミンE  など
その他の成分
特徴・紫外線ダメージを受けた肌を整えるため、4種の植物エキス配合・しみ防止成分「コウジ酸」によるシミを集中ケア・皮脂量の多い男性の肌にもなじみやすい美容液の心地よい使用感
公式HPhttps://www.quattro-botanico.com/onlineshop/spot_solution/

『ボタニカル スポッツ ソリューション』は、有効成分「コウジ酸」が配合されています。

コウジ酸には、日本酒の仕込みに使われる「麹」をもとに開発したしみ防止成分が含まれています。

なので、日焼けによるしみ、そばかすの防止が十分期待できます。

さらに、紫外線ダメージを受けた肌を総合的に整える4種の植物エキスを配合しているので、男性にありがちなしつこいシミを薄くできるのも魅力的です。

これらの効果より、濃いシミで悩んでいる男性には最適な商品です。

使用者の感想を掲載しているので参考にしてみてください。

  • 見た目がスタイリッシュなパッケージがいいのと、使用しているとシミが少しずつ薄くなっているのを実感しています。
  • 塗りやすさと香りが非常にいいので、長く使用しています。

cliche|紬

cliche|紬
出典:クリシェ
項目詳細
価格2,700円(税込)
内容量30g
美白成分水、グリセリン、ペンチレングリコール、セラミドNS、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP など
その他の成分
特徴・有効成分がニキビを予防し、油性肌を改善・SPF30 PA++により、1年を通して紫外線ブロック
公式HPhttps://www.value-press.com/pressrelease/138285

クリシェが開発する紬(つむぎ)は、有効成分プラセンタエキスを配合した贅沢なCCクリームとして人気のある製品です。

本製品は、日本人向けに開発されたCCクリームです。

日本人の肌の特徴である「角質層が薄く脂分が多いこと」「湿潤な気候によって肌質が変わること」を考慮した作りになります。

プラセンタエキスにより、メイクしながら美白トリートメントが可能な点もメリットです。

シミやそばかすを防ぐだけでなく、ニキビ改善にも優れています。

よって、乾燥肌や脂性肌の男性におすすめできる製品です。

以下が感想になるので参考にしてみてください。

  • クリームを塗ると、瑞々しく肌への浸透感がすごいです。また、ベタつかないので寝る前も安心して使用できます。

シミ消しクリームの選び方

シミ消しクリームの選び方

シミ消しクリームは、メーカーによって強みや成分量などが異なります。

シミに悩み早く直したいからといって、適当に選んでは効果が期待できない場合があります。

人によって、肌質も違えば生活環境も違うので、自分に合ったシミ消しクリームを選びましょう。

では、男性も女性もシミに悩む人は多いですが、どのようにしてシミ消しクリームを選べばいいのでしょうか。

主に、以下の2点を意識して選ぶべきです。

  • ハイドロキノンが含まれているシミ消しクリームを選ぶ
  • 使い続けられるものを選ぶ

順に解説していきます。

ハイドロキノンが含まれているシミ消しクリームを選ぶ

ハイドロキノンとは、シミやニキビ痕などを改善してくれる成分です。

そもそも、シミができる原因は、紫外線やホルモンの変化などによってメラニン色素が発生するからです。

つまり、その原因となるものを排除すればシミができなくなります。

原因となるメラニン色素の産生を防止する効果があるのが、ハイドロキノンです。

ハイドロキノンは、主に以下の2つの症状改善に長けています。

  • シミ
  • ニキビ跡

先述した通り、シミの原因であるメラニン色素を発生させないようにする役割がありますが、その作用が強力です。

同じ作用を持つビタミンCと比較して、10〜100倍強力と言われています。

また、どの美白成分よりもシミ防止の効果が早く出るので、即効性があり期待できる点が大きなメリットです。

ニキビ跡は、赤くなった状態で放置するとメラニン色素が生成されます。

そしてその状態のままにしておくと、赤みのあるニキビ跡から茶色へと変化し、より悪化します。

やがてシミになるので、見た目が悪くなります。

シミになる前にとる必要があるので、ハイドロキノンによってメラニン色素を殺さなければなりません。

メラニン色素を殺せば、ニキビの悪化も防げるので、ニキビ跡を消すには大いに効果が期待できます。

作用が強力かつ迅速な効果が期待できるハイドロキノンは、シミ消しにとっては欠かせないです。

なので、ハイドロキノンが含まれているシミ消しクリームを選びましょう。

使い続けられるものを選ぶ

シミクリームを使い始めたからといってすぐに効果が出るわけではありません。

たとえ、即効性のあるハイドロキノン成分があるものでも、継続して使わなければ効果は期待できないです。

シミ消しクリームによって、シミを消すには最低でも3ヶ月は使用しないと効果が現れないとされています。

つまり、無理なく使い続けられるクリームでないと効果は期待できないでしょう。

なので、自分にあった最適なシミクリームを選ぶのが大切です。

  • 無理のない価格帯
  • 自分の肌の質(乾燥肌or混合肌など)
  • 好きな香り

上記のように、自分の好みや肌質によって選ぶ必要があります。

自分に最適なシミ消しクリームを選べば、ストレスを感じることなく使用できるので、肌ケアのモチベーションも上がります。

肌に対して真摯に向き合えるので、自然と長く使い続けられます。

よって、継続して使用でき、効果を期待できます。まずは、自分に合ったシミ消しクリームを選ぶところから始めましょう。

シミ消しクリームの効果的な使い方

シミ消しクリームの効果的な使い方

シミ消しクリームを購入して、ただ使用していればよくなるということはありません。

購入後、いかに効果的に使用するかで、シミ消しの効き目が変わります。

では、効果的な使い方とはどんなものなのでしょうか。以下の3点を意識して使用するのがコツです。

  • お手入れの最後に塗る
  • 優しく塗り込む
  • UVケアも平行して行う

お手入れの最後に塗る

多くのシミ消しクリームは、肌を手入れした後に塗るタイプです。

一般的に、乳液またはクリームの後に美容液を使うのは、美容液の成分が肌に浸透しづらいとのことで有名です。

乳液やクリームに含まれる油分が美容液の成分を邪魔し、肌に深く浸透できないのが原因です。

なので、美容液は油分に邪魔される前に使うのがいいです。

上記背景により、クリームは最後の手順に回した方がいいことがわかります。

ただし、メーカーによっては「部分的に使う」「化粧水後に使う」などと決まりが指定されていることもあります。

その場合であれば、メーカーの指定通りに使うべきです。

仮に、手順通りに従わずに使用してしまうと、肌のトラブルになりかねません。

肌は敏感なので、メーカーに指定された手順でケアするのをおすすめします。

優しく塗り込む

洗顔する際にありがちですが、シミやニキビ跡を消そうと、つい強く擦ったり何度も繰り返し擦ったりする人がいます。

シミやニキビ跡はしつこいので、一見よさそうに見えるやり方ではありますが、実は肌のトラブルになりかねない危険な行為です。

シミができた箇所は、シミができやすいくらい肌が弱い箇所です。

なので、強く擦ると肌を刺激してしまい、逆にシミの悪化につながります。

シミを消すためにクリームを購入して肌のケアをしているのに、強く擦って悪化させてしまっては、せっかくクリームを購入しても意味がありません。

上手な塗り方としては、手のひらで覆うようにして部分的に塗る方法です。

クリームを優しく塗り込めば、より深く肌に浸透するので、効果が期待できます。

よって、シミの原因であるメラニン色素の減少を図れるので、シミ防止に繋がります。

つい擦ってしまいがちですが、肌に浸透させることを意識してクリームを優しく塗りましょう。

UVケアも平行して行う

ハイドロキノンが含まれているシミ消しクリームは、メラニン色素の生成を防ぐ効果が期待できますが、UV対策をするための製品ではありません。

あくまで紫外線によってシミになりそうな箇所を、シミにさせないようにする効果のものです。

なので、UV対策はあらかじめしておかなければなりません。

シミを濃くさせないのはもちろん、シミを作らせない環境にするのが大切です。

  • 日焼け止めを塗る
  • サングラスをかける
  • 帽子をかぶる

上記3つの対策をするだけでも十分UVカットができるので、シミを作らせないようにできます。

特に、紫外線が強い夏にUV対策すれば大丈夫だろうと思う人が多いですが、継続して毎日取り組むことに意味があります。

よって、UV対策は夏だけでなく1年を通して取り組むべきです。

もし、夏だけ取り組んでいる人であれば、そのまま春・秋・冬も欠かさず習慣にしましょう。

まとめ

今回は、おすすめのシミ消しクリームや使い方、選ぶ際のポイントについて解説しました。

シミは目立つので、普段から対策するのがベストですが、すでにシミができている人も諦めてはいけません。

以下のポイントでしっかりと対策を立てれば綺麗な肌を取り戻せます。

  • ハイドロキノンが含まれているシミ消しクリームを利用する
  • 自分に合った最適なシミ消しクリームを選ぶ
  • クリームを塗る場合は、メーカー指定の手順に従う
  • 強く擦らずに優しくクリームを塗る
  • 日頃からUV対策も入念にやっておく

ポイントを抑えれば、シミ消しの効果を感じれますし、シミ消しクリーム選びも難しくはありません。

ぜひ、今回ご紹介したシミ消しクリームを参考にしていただき、自分に合ったクリームをいくつか選んでみてください。

あなたに絶大な効果が現れることを期待しております。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です