fbpx

元・アラサー女子が語る!仕事と家庭のスマートな両立テクとは

既婚女子仕事と家庭両立

結婚したら仕事と家庭をきちんと両立できるのかーー。全独身女性が抱えるモヤモヤではないでしょうか。そこで今回は働く既婚女性(子なし)に仕事と家庭の両立術について話を聞いてみました。

上手に手抜きすることを覚える

「適度に手抜きすることだと思います。前は完璧主義だったのですが、それでは体がもちません……。自分が倒れてしまうと、仕事も家事も疎かになるので、健康を崩さない程度に取り組むべき。たとえば毎日掃除をするのは難しいので週2回に減らしたり、かさのあるバスタオルはやめて小さいタオルを使って洗濯の頻度を減らしたりといろいろ工夫しています」(33歳/銀行)

「良妻賢母でいなければ」という考えは思いきって捨てましょう。仕事も家事も100%完璧に行うのはムリ。「80点取れればいい」くらいに気楽に構えて、まずは家事頻度を見直してみましょう。

ハイテク家電にお任せする

「仕事柄、家にいる時間が少ないので、家事時間をできるだけ減らすために便利な家電に頼っていますね。食器洗い機があれば洗い物の時間は節約できますし、乾燥機付き洗濯機があれば洗濯物を干す手間もなくなります。『使えるものは使う』精神が大事なのかと」(28歳/出版)

すべて「自分の手でやらなければ」と思い込まなくてOKです。効率を重視したいなら、一から十までやってくれる「優秀家電」の力を借りましょう。

日々の買い物はネットで済ませる

「買い物って意外と時間がかかるので、日々の食料品はネットスーパーで入手。缶詰や水、洗剤などはネット通販でおトクにまとめ買い。近隣スーパーのチラシを見比べて、買いまわりをしていたこともありますが、金銭的な節約より時間的な節約のほうが大事だと思うようになりました」(31歳/IT)

レジの長い列に並んだり、家まで重たい荷物を運んだり……といったストレスなく買い物できるネットスーパーや通販を上手く活用したいところ。

家ごはんの頻度を減らす

「夫婦ともども仕事が終わる時間が遅いので『平日の夕食は各自で自由にとる』と決めていて、基本的に平日夜は料理をしません。朝にパンやサラダ、ヨーグルト、フルーツなどを準備するだけ(笑)。手の込んだ料理をするのは休日限定。毎日料理を頑張らなくてもいいと思います」(28歳/コンサル)

「兼業主婦たるもの、毎日食事を作るべき」といった考えは捨てて、できる範囲で取り組んで。古い固定概念に縛られる必要はありません。

結婚しても働き続ける女性が増えています。ヒト・モノ・コトを上手に使い、適度に力を抜きながら、家庭と仕事の両立を楽しんでくださいね。

梅田マトン

出不精系アラサー女子ライター。恋愛コラムを書くためのネタ探しを兼ねて飲みに行くことが多い。一方、家でゴロゴロするのも大好きなため、休日家から一歩も出ないことも。趣味は友人男女を出会わせてお見合いさせること、彼と食事に行くことなど。

>> article
アンケート by anke
この記事を読んだ人におすすめ