fbpx

婚活中に見分ける「ずっと幸せに過ごせる」パートナーの条件

「ずっと幸せに過ごせる」パートナー

悲しきかな、今や3組に1組が離婚する時代。でも、せっかく結婚で幸せを手に入れたなら、旦那さまとずっと仲良く過ごしたい……と思いますよね。ではどのようなパートナーだと、結婚後も長くハッピーに暮らせるのでしょうか。今回は婚活経験者の既婚女性に話を聞いてみました。

素の自分を見せられる

「一緒にいて飾らないでいられるかどうか、だと思います。旦那は出会った当初から、いい意味で気を抜ける相手でした。今もその気持ちは変わらないですね。自然体でいられることが何よりも大事なのかと」(33歳/IT)

何十年も生活を共にする相手だからこそ、萎縮してしまったり、緊張してしまったりするパートナーではキツいものがあります。ナチュラルな自分を出せる相手と出会いたいものですね。

嫌いなものが似ている

「嫌いなものが似ていること。たとえば私は、タバコを吸う・ペットを飼う・食をおざなりにする人が嫌いですが、夫もまったく同じ考えでした。このうちひとつでも嫌いなものが一致しないと、後々揉めたりイライラしたりしそう」(28歳/出版)

好みが似ていることも大事ですが、嫌いな物事が近いことも、結婚生活を送るにあたり欠かせない条件だとわかります。好き嫌い=価値観と考えると納得ですよね。

自分とタイプが違う

「なんとなく『自分と似た相手がいい』と思いがちですが、そうではないと思います。我が家の例でいうと、旦那さんはせっかちタイプですが、私はのんびりタイプ。ふたりともせっかちだとケンカになりますし、ふたりとものんびりだと時間にルーズになりそう(笑)。違った要素を持っているからこそ、バランスのよい夫婦になり、お互いに居心地もよくなるのではと思います」(34歳/

R)

同じような性質を持った者同士だと、どうしてもぶつかりやすくなります。逆に自分とは違う性質を持っている相手は、自分に足りないものを上手く補ってくれるのでしょう。

性格が穏やか

「あたりまえの話ですが、性格が穏やかであるに越したことはないと思います。以前顔も職業も収入も申し分ない相手に出会ったのですが、性格が結構悪かったんです(笑)。その後出会った夫は顔や収入はその人に劣るものの、とにかく性格がやさしいので、一緒にいて心が安らぎます」(27歳/IT)

結婚後、出産・子育てを考えると、高収入な男性を望むのも当然。とはいえ、それ以上に大事なのは相手の性格です。性格はなかなか変わるものではありません。一緒にいて疲弊しない、癒してくれるような男性が理想ですね。

これらの要素は婚活中でも見抜けます。先輩たちの意見を参考にしながら、幸せな結婚生活を継続できる相手を見つけてくださいね。

梅田マトン

出不精系アラサー女子ライター。恋愛コラムを書くためのネタ探しを兼ねて飲みに行くことが多い。一方、家でゴロゴロするのも大好きなため、休日家から一歩も出ないことも。趣味は友人男女を出会わせてお見合いさせること、彼と食事に行くことなど。

>> article
アンケート by anke
この記事を読んだ人におすすめ