fbpx

甘え上手で追いたくなる!男にモテまくっている「小鳥女子」3つの特徴

小鳥と女性

今、じわじわとブームになっているのが「小鳥」。インコやオウム、カナリアなど、カラフルでかわいい小鳥とふれあえる小鳥カフェや、小鳥グッズを扱った雑貨屋などが話題となっています。

そして、そんな小鳥ブームの中、「 小鳥女子 」なる女性たちが今モテているのだとか。一体、「 小鳥女子 」にはどんな特徴があるのでしょうか。

小鳥女子 の魅力1「感情表現が上手」

インコやオウムはおしゃべりをしますし、その他の小鳥もよく鳴いて見せてくれる動物。また、遊んで欲しいときに飼い主の後ろをついて歩くこともあるなど、小鳥は感情表現がとても達者なのです。

通常、女性は男性にたいして「言わなくても察してよ!」と思ってしまう人が多いといわれています。しかし、男性は「言わなきゃわかんないじゃん」と思い、ケンカになるのだとか。

しかし小鳥女子は、よく鳴く小鳥のように感情表現が豊か。「こうされたら悲しいな」とか「〇〇してくれて嬉しかったよ!」などと、自分の感情を素直に伝えることができます。

小鳥女子 の魅力2「甘えん坊」

親からえさをねだるひな鳥のように、甘えん坊なところも小鳥女子の魅力の1つ。そんなかわいく甘えてくる小鳥女子に、男性はついつい世話を焼きたくなってしまうのだとか。

小鳥女子は、甘えることがとても上手。「〇〇食べたーい」「あれが欲しいなー」など、端からみたらワガママに見えるかもしれませんが、男性が何かしてくれた時には、満面の笑みで「ありがとう」と言える為、憎めないパターンが多いのです。

それどころか、そんな小鳥女子は男性の父性をくすぐります。そのうち、頼まれなくても何かしてあげたくなってしまうのが小鳥女子の特徴なのです、

小鳥女子 の魅力3「追いかけたくなる」

小鳥は自由にどこへでも飛んでいけるので、鳥かごの中に入れておく必要があります。それと同じように、少しでも目を離したらどこかへ飛んでいってしまいそうなのが、小鳥女子の不思議な魅力でもあります。

天真爛漫でいつもみんなの人気者、そんな小鳥女子を男性は自分の鳥かごの中に入れておきたいと追いかけずには居られなくなってしまうのです。

今は自分のそばにいるけれど、いついなくなってしまうか分からない……そんな自由をもとめる小鳥のような女性に、夢中になってしまう男性も多いのではないでしょうか。

今年、ますます人気が出そうな小鳥。そんな小鳥の様に、男性が放っておけないような女性を目指してみては?

【関連記事】

彼がキュン死!?モテモテ「ペンギン系女子」5タイプの恋愛傾向

余裕と焦らしでモテまくれ!進化系小悪魔「スロー系女子」になる方法

飯田クール
飯田クール

1989年3月生まれ、フリーライター兼エディター。いわゆる「サバサバ系女子」で、人間の恋愛の悩みを白か黒でズバッと切る。座右の銘は「やられるまえにやれ」。

>> article

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
恋愛相談はコチラ