fbpx

吉原の遊女に学ぶ!男をがコロッと落ちる「花魁テクニック」

吉原の遊女に学ぶ男落とす

江戸時代、浅草寺の裏にあった「吉原遊郭」。最盛期には数千人の遊女がいました。

彼女たちの生活用品や化粧道具、衣装など身の回りのものは全て自己負担だったため、熱心に客を集める必要があり、遊女たちは客を本気にさせる手練手管に精通していました。

遊女たちのノウハウにはどんなものがあったのでしょうか?

簡単に手に入る女にならない

遊女の最高位である花魁は、床入りまで最低3回はお座敷を設ける必要がありました。花魁はお金さえ払えば誰でも手が届く、という安っぽい存在ではなかったのです。

簡単に手に入る存在には、ありがたみがありません。逆にお金と時間をかけて、苦労して手に入れたものには愛着もひとしおです。

恋愛も同じく、簡単にOKするよりもなかなか首を縦に振らない女性のほうが、男性の狩猟本能を刺激しますし、付き合ってからも大切にされるのです。

しっかりした話ができる知性

花魁は遊女なら誰でもなれるというものではありませんでした。

美貌のほかに、古典や書道、茶道、三味線、囲碁などの幅広い教養や芸事に通じている必要がありました。その高い教養があるからこそ、花魁は客に合わせて会話をすることができ、どんな客とも会話を盛り上げることができたのです。

同じことは現代でも言えます。ただ見た目が綺麗なだけより、中身がしっかりしている女性のほうが男性も相手をしていて面白いもの。また、知的な女性と会話を楽しめる男性はそれなりにレベルが高いものです。

自分の気持ちを大きく伝える

花魁を始め、遊女たちの仕事は客をもてなすこと。一人や二人をずっと相手にしているわけではありませんが、客にはそんなそぶりは見せず「あなたしかいない」と一途に見せるのも客を本気にさせるテクニックのひとつでした。

そのために「年が明けたら一緒になろうね」という誓約書を渡したり、髪の毛を切って渡したり、客の名前を自分の腕に入れ墨したり。遊女たちは本気ではなくても、男性にはその行為が本気に見えるので安心するのです。

遊女たちは、上手に男性に嘘をついて男性の気持ちを自分に向けていました。

「あなただけ」を共有する

遊女たちにとって、自分の体は商品です。体一つで稼がなくてはなりませんから、自分の髪の毛を切ったり腕に入れ墨をすることは、商品に傷を入れるのと同じことで、当然、やってはいけないことです。それをあえてやってみせ、客と遊女との間で秘密を共有することで、共犯的な気持ちを持たせることができました。

現代でも悩み事の相談などで秘密を共有すると、関係がぐっと近くなったように感じますよね。それと同じことをやって客の心をつかんでいたのです。

むやみにキスをしない

吉原ではキスのことを「おさしみ」と呼んでいました。

江戸時代にも刺身はありましたが、現代と違い、新鮮な刺身はめったに口にできない高級料理。その刺身にたとえられる遊女とのキスは、つまり、刺身と同じようにめったに手に入らないものだったということです。

キスに特別感を出し、めったにキスさせないことで遊女たちのキスには希少価値がついたのです。逆に情熱的なキスは、遊女から特別なもの、つまり本気を与えられたということで、客を虜にすることができました。

遊女たちの手練手管は現代にも通じるものがあります。たくさんの男性を虜にしてきた遊女たちのテクニックを使って、気になる男性を落としにいきましょう。

百瀬 ゆりぃ
百瀬 ゆりぃ

恋愛、人間関係、美容……いろいろなことに興味がありすぎる、欲張りライター。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ