fbpx

夢の国が地獄に!?男性に遊園地デートで嫌われる女性の共通点

夢の国が地獄に・・・男性が遊園地デートでガッカリした女性の行動

アクティブな男女に人気のデートスポットといえば、やっぱり遊園地ですよね。でもあまりにも「非日常的」な場だけに、普段のデートでは見せていなかった、残念な一面が露呈してしまうことも……。今回は遊園地デート時に男性がガッカリしてしまった女性の行動について聞きました。

ハイヒールを履いてくる

「なぜかヒールの高い靴を履いてくる女性。アクティブに動けないと思うんですけど……。遊園地には走れる足元のほうが断然適しています。お洒落なんて意識しなくていいから、まずはスニーカー履いてこようよ、と個人的には思います」(28歳/IT)

中には「遊園地で本気で遊びたい」と考える遊園地フリークな男性もいます。彼らにとっていかに多くのアトラクションに乗るかは、大げさな話ではなく死活問題です。一緒に走って(走らなくても足早に)移動できるかどうかは重要なポイントなのです。動きやすい足元・服装を意識しましょう。

絶叫系に全然乗れない

「千葉の某遊園地に行こう、と決まったときはノリノリだった女性から、当日現地で『実は絶叫系に乗れなくて……』とカミングアウトされました。彼女を置いて自分だけ乗るわけにもいかないので、基本的にゆるいアトラクションにしか乗れず、あまり楽しくなかったです。乗れないなら最初から断ってほしかったなと」(30歳/飲食)

男性だけ絶叫系に乗せて「私は乗れないから下で写真を撮ってあげるね」と言う女性を知っていますが、それも男性のテンションが下がるよう。「一緒に乗って、ワクドキする瞬間を共有したい」といった思いを持つ男性が多いことをお忘れなく。

待っている間不機嫌になる

「自分から『乗りたい』といった2時間待ちのアトラクションなのに、並んで待っているときにどんどん不機嫌になっていく女性がいました。数十分無言になったり、何か話しかけてもつれない返事なんです。別に俺が無理やり誘ったわけじゃないんだけどな……と嫌な気持ちになったのを覚えています」(33歳/出版)

人気の遊園地・アトラクションで長蛇の列に並ぶのは仕方のないこと。そんな待ち時間を楽しくするのも、険悪な雰囲気にするのも自分次第です。不機嫌な表情をするのだけはやめましょう。

すぐ疲れてしまう

「体力がなさすぎる女性にがっかりしたことがあります。それほど待ち時間もなく、アトラクションにはスムーズに乗れているのに、1つ乗る度に『休憩しよう』と言う女性。すぐ日が暮れちゃうよ……と思いましたね」(29歳/IT)

ときどき休憩するのは構いませんが、その頻度があまりにも多いと男性もうんざりします。疲れやすいのは体力不足が原因かも。終日動き回れる体力に自信がないなら、前もって軽めのウォーキングに取り組むなど、体力作りを意識してみては。

遊園地は夢の中を浮遊しているような楽しい世界。だからこそ気を抜いてしまうのもわかりますが、男性から引かれないよう慎重に行動したいものです。

梅田マトン

出不精系アラサー女子ライター。恋愛コラムを書くためのネタ探しを兼ねて飲みに行くことが多い。一方、家でゴロゴロするのも大好きなため、休日家から一歩も出ないことも。趣味は友人男女を出会わせてお見合いさせること、彼と食事に行くことなど。

>> article
アンケート by anke
この記事を読んだ人におすすめ