fbpx

「結婚相手」を条件で振るい落とさない新しい価値観とは?

なかなか良い人に出会えないと、「私って魅力がないのかな」「理想が高いんだろうか」と悩みますよね。でも案外その原因は、見栄を張ってしまったり、相性や直感の大切にしなかったりと、初歩的なミスにある場合も。良い 結婚相手 を見つけるためのポイント、しっかり押さえておきましょう。

結婚相手 としての条件は最後に考えるべき!

あなたが恋人に求める条件は何ですか? 性格や見た目はもちろん、結婚を考えるなら収入だって大事ですよね。

でも、条件を満たしているからといって恋に落ちるほど人の心は単純ではありません。条件のリストと生身の人間は別なので、「条件は揃ってるけど何か違う」ということが起きるわけです。一体どうしたらいいのでしょうか?

答えは簡単。最初に条件でふるい落とすのをやめればいいのです。見た目や年収は簡単に変わってしまうもの。

条件ばかり考えて将来の結婚相手を探し、もし見つかりお付き合いできたとしても、結果彼のアレがダメ、コレがダメと最初に満たしていた条件以上のものを求めてしまうものです。

付き合う前の条件より付き合った後に2人で生活していく条件を一緒に考えられる人を探した方がきっといいパートナーが見つかることでしょう。

理屈より、自分の感覚を信じる!

自分に自信がない人は、直感より理屈に頼りがち。でも最高のパートナーを見つけるには自分の感覚を信じることが肝心です。

特に出会いのときは、「どんな人なんだろう?」という興味から相手に対する観察力が鋭くなっています。第一印象が本質を突いていることが多いのはそのため。初対面であなたが感じとったことは、その人を見極めるうえで貴重なヒントになるはずです。

第一印象と同じくらい大切なのが、相性。何度か会ってみて、一緒にいて楽しくないと思ったら縁がなかったと思いましょう。条件と違って相性は基本的に変わりません。

反対に一緒にいて楽しい人に出会ったら、理想のタイプとは程遠かったとしても前向きに考えたいですね。

自分のことに対して偏見をもたない!

結婚相手

人づきあいのうまい人は、偏見を持たずに人と接していますよね。パートナー探しでも色眼鏡で相手を見ないことが大事ですが、同時に心がけたいのは自分に対しても偏見を持たないこと。

会話の中で「私はこういう人だから」とか「私みたいなタイプは」というフレーズをよく使う人は要注意。相手にかたくなな印象を与えています。

自分のことは自分が一番わかっていると考える人もいますが、自分を客観的には見るのは難しいもの。今まで「私はこういう人間だ」と思い込み、人と接していた場合や「この人と私は合わない」と決めつけていた人間関係の意識を捨て無意識に作っていた壁をなくせば男性も話しかけやすくなるはずです。

人に自慢できるかどうかを基準にしない!

パートナー選びで最後にぶつかる問題は、見栄。せっかく自分に合う人を見つけても、周囲の目を気にしてためらってしまい、つい「友だちに自慢できそう」と思える人を選んでしまうのです。

でも、人に自慢できるようなわかりやすい魅力をもつ人は当然モテるので、浮気の危険大。また、「君はオレのスペックにしか興味ないんだね」と彼に愛想をつかされたり、優越感をひけらかされた友人が離れていったりすることもあります。見栄やプライドで彼選びの基準にし、本当に大切なことを見失わないよう気をつけましょう。

【関連記事】

家庭的かは関係ない!?男性が考える「恋人と結婚相手」の違い

経験者に聞く!離婚してわかった「結婚相手」に本当に求めるべきこと

結婚への準備!自分磨きをしている女子はたったの半分と判明

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ