fbpx

地味に気になる!?「コーヒー男子VS紅茶男子」モテるのはどっち?

大人の飲み物の代表「 コーヒー 」、紳士的なイメージの「紅茶」。レストランやカフェで飲み物を頼む時、大きくこの2つに分かれるのではないでしょうか。

特に男性とのデートでは、彼がどんな飲み物を頼むかで味覚や好みの趣向が垣間見れたりもします。それぞれの飲み物にあるイメージと彼のイメージにギャップがあったら、それだけでも会話が弾むかもしれません。

普段見過ごしがちな コーヒー VS紅茶、女子たちはどちらを好む男性が好きなのでしょうか?

コーヒー と紅茶、女子にモテるのは?

【質問】
コーヒー好きと紅茶好き、どちらがモテる?

【回答】
コーヒー:69%
紅茶:31%

ダントツ!「 コーヒー 男子」がモテるワケ

コーヒー

コーヒーをブラックで飲める人は、大人で仕事もできるイメージだから」(31歳/契約)

「コーヒーのほうが性別と世代を問わず好まれるし、淹れ方や道具など話が広がるから」(30歳/フリーランス)

「コーヒー好きな人の方が大人っぽく感じるので。缶コーヒーでも、男性がタバコを吸いながら飲んでいるのをみるとカッコいいなと思ってしまいます」(34歳/会社員)

「コーヒーのほうがお店が多いと思うので、一緒にコーヒーを飲もうと誘ったり、誘われたりできる」(27歳/営業)

「紅茶にこだわっている人は、セレブかインテリなイメージがあるので、コーヒーの好きな方が万人ウケすると思う」(28歳/アパレル)

アラサー女性の中でも、30代の女性からの支持が多く集まったのがコーヒー好きの男性でした。苦みが特徴であることから、渋くて男らしい印象を持つ女性が目立ちました。また、眠気覚ましとしてコーヒーを飲むイメージから、バリバリ仕事をこなしている、仕事がデキそうという声も。

他にも、最近の嫌煙ムードに反して「コーヒーとタバコ」を楽しむ男性をかっこいいと感じる女性も見られました。何かを思案したり、忙しい合間をぬって一息ついている姿には、思わずキュンとしてしまいそうです。

そして紅茶にはない特徴として、コーヒーの方が一般的、紅茶よりカジュアルで親しみやすいという意見にも注目。紅茶よりもコーヒーショップの方が多く見かけることから、コーヒー男子ならばデートに誘いやすいというメリットも挙げられました。

意外とイイ?「紅茶男子」の魅力とは

Making a tea

「紅茶好きは物知りでオシャレな感じに見えるから。スイーツにも詳しそう」(27歳/会社員)

「コーヒーは着色汚れが歯につき、笑って歯を出したりすると黄ばんで見えるので汚らしく見える。その後の口臭も気になってしまう。それに対して紅茶はそれほど歯の着色汚れや口臭は目立たないと思います」(29歳/自由業)

「コーヒーを飲む人は煙草を吸う傾向が強いと思います。最近は煙草が嫌いな人も多いですから、紅茶好きの方がいいと思います」(31歳/会社員)

「コーヒーは口臭が気になるし、おじさんが飲んでいるイメージがあるからです」(30歳/事務)

「紅茶=英国貴族がたしなむもの、というイメージがあるため、洗練されたものを感じます」(27歳/契約)

コーヒー好きが多数派となる中、紅茶の方を好む「紅茶男子」が好きという声も。

目立った意見としては、「ニオイがキツくない」というものが多くありました。確かにコーヒーは芳醇な香りが特徴ですが、コーヒーを飲んだ後は口臭がキツくなってしまうことも。苦みを感じさせる香りは好き嫌いがハッキリ分かれるもののため、苦手に感じる女性が多いのかもしれません。口臭だけでなく、歯の黄ばみの原因にもなることから、清潔感を求める女性は紅茶男子を好むようです。

中には、コーヒーはおじさんぽい、タバコを吸っているイメージがあり苦手、という意見もありました。コーヒー男子が好まれる理由になった要素が、紅茶男子好きな女性からは不評なようです。

その他にも、イギリスで古くから親しまれていることから「紳士的なイメージがある」「オシャレな感じ」という声も集まりました。洗練された雰囲気の男性は、一緒にいるだけで背筋が伸びそう。自分自身も洗練された女性でいたい、ワンランク上の男性がいいと考える女性からは、紅茶男子がモテるようです。

コーヒーも紅茶も、ちょっと一息入れたい時には欠かせないもの。気になる男性と一緒に楽しむなら、あなたはどちらがいいですか?

■調査地域:全国
■調査対象:独身女性
■有効回答数:100サンプル

 

【関連記事】

結婚するなら「高収入の浪費男」VS「収入そこそこの節約男」どっち?

思わず共感!どっちがケチ?「後輩におごらない男」VS「女性におごらない男」

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
この記事を読んだ人におすすめ