fbpx

どちらがどう謝る?彼との仲を深める「賢いケンカ」術

彼とはできるだけ仲良く過ごしたい。そんな気持ちもわかりますが、嫌われたくないからと、苛立ちや不満を貯め込むのは不健康。ときにはケンカや議論をすることも必要です。

そこで今回は、仲良しカップルに「ケンカのお作法」を聞いてみました。

その場ですぐ、週末……ケンカのベストなタイミング

まずは、ケンカや議論をする「タイミング」で心がけていることについて聞きました。

「『どうしても今すぐ伝えておきたい』と思ったら、その場でケンカというか議論に持ち込みます。怒りを貯めるとストレスになって、後で変に爆発してしまうので、あまりよくないかなと思うんです」(31歳/男性/出版)

苛立ちを引きずらないことがポイントです。「気になることがあれば即解決」主義でいることで、問題を長続きさせずに済みます。面倒なことほど早めに終わらせておきたいですよね。

「ケンカをするのは週末と決めています。平日だと話し合いが夜中まで長引いてしまって、翌日の仕事にお互い悪影響があることも……。じっくり落ち着いて議論できる週末は、気持ちに余裕があるせいか、仲直りするのも早いですよ」(27歳/女性/IT)

平日短時間で決着をつけようとすると、中途半端に終わってしまう可能性もあります。たっぷり時間を確保した中でケンカをしましょう。

ケンカを引きずらない仲直りの仕方

次は、ケンカや議論に欠かせない「仲直り」で心がけていることについて聞きました。

「必ずその日のうちに仲直りしています。後に引きずるのはよくないと思うので……。僕のほうから折れることもありますし、彼女のほうから『ごめん。仲直りしよう』と言い出してくれることもあります。翌朝は普通に挨拶したいなとお互い思っているんです」(29歳/男性/メーカー)

このほかにも「長く引きずりたくない」「お互いが納得できたらすぐに仲直りしたい」との意見が目立ちました。長期間ケンカを続けることで、ふたりの間に漂う雰囲気も険悪になり、修復が難しくなると考えている人が多め。

「自分に非がないときに『ごめん』と言うのはイヤ。でもなかなか仲直りできないときには、ケンカを忘れたかのように普通に話しかけて、よくない雰囲気を改善するように務めています」(28歳/女性/広告)

まるでケンカなどしなかったかのように、無邪気に明るく話しかけるのがコツだとか。あまりにもあっけらかんと普通のコミュニケーションが始まると、彼も「もうケンカを終わらせたいんだな」と悟ってくれるはずです。

ケンカが全くないのが一番に思えますが、その場合、片方がストレスを貯めこんでいる可能性もあります。「質の良いケンカ」を適度に重ねて、深く理解し合える関係になりたいものですね。

写真:Freedigitalphotos.net>

梅田マトン

出不精系アラサー女子ライター。恋愛コラムを書くためのネタ探しを兼ねて飲みに行くことが多い。一方、家でゴロゴロするのも大好きなため、休日家から一歩も出ないことも。趣味は友人男女を出会わせてお見合いさせること、彼と食事に行くことなど。

>> article
アンケート by anke
この記事を読んだ人におすすめ