fbpx

実は彼も引いていた!?結婚したくて必死だと思われる女性の言動

男性は、結婚のプロポーズは自分のタイミングで言い出したいと思っています。しかし、踏み切れない男性もいるのでアピールは必要です。

結婚したくて必死な感じが出ると、お互いの関係に亀裂が入ることもあります。上手い事、身長に事を運ばなければ行けません。

友だちの結婚話をしてくる

友だちの結婚式に行った話や、Facebookにアップされた結婚式の写真などを見せてこられると男性は身構えてしまいます。友だちが結婚したから、そろそろ自分もしたいという無言の圧力を感じてしまいます。

結婚は友だちがしたからするもんじゃありません。自分たちのタイミングがあるので、効果は薄いでしょう。逆に、彼の友だちが結婚し出したタイミングで話を聞いてみるのは、効果的です。

親に会わせたがる

親が会いたいと言っているなどと、家族ぐるみの計画的結婚願望アピールほど、男性にとってプレッシャーなものはありません。親を出されたら、男性は煩わしさを感じてしまいます。

本当の最終手段まで残しておくのが良いでしょう。二人の問題ではなくなると、一気に話が頓挫する可能性が大きくなります。

ゼクシィを買い出す

結婚情報誌をテーブルに置いておくなんていうのは、可愛いものです。しかし、あまりにもベタ過ぎて男性もちょっと引いてしまいます。

一回ならず、何回も新しいゼクシィを目に入れさせられるとうんざりします。そのアピール方法のあざとさや計算を男性は嫌います。

子供を可愛がる

町で触れ合える子供に出くわすと、ここぞとばかりに可愛がり、子供大好きアピールをする女性を見ると男性は悪寒がします。「こいつそんなに子供好きだったっけ?」と妙な違和感を引きずります。

子供をダシに使うなんて、卑怯だと考える男性もいます。子供を可愛がる間、男性の顔を見てみてください。引きつった顔をしていることでしょう。

引越しや退職の話

結婚はタイミングと言わんばかりに、そのタイミングづくりを促す女性も必死さが伺えます。引越しをちょうどしないといけない。仕事を退職しようかな。

そんな独り言の奥に見え隠れする、結婚の文字に男性は怯えています。そんな思い切った行動に出られると、結婚まで追いつめられた感覚に陥ってしまいます。

男性は、結婚に対しては慎重です。一人の女性を幸せにする覚悟が、きちんとついてからするのが理想です。しかし、いつまで経っても踏ん切れない場合は多少強引にも、結婚を促した方がいいでしょう。

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
この記事を読んだ人におすすめ