fbpx

53%が「男性からアプローチされた」と回答!Facebook恋愛アプローチ

いまや生活には欠かせないツールとなっているSNS。

雑誌『anan』の調査によると、FacebookやLINEで男性からアプローチされたことがあると回答した女性は、なんと53%。愛を育むツールとしても、ちゃっかり活用している男性が多いようです。

マナーやテクニックをおさえて使えば、強い武器となりますが、女性の中には少しもったいない使い方をしている人もいます。

意中の男性の心を射止める使い方をマスターして、恋のチャンスをつかんでくださいね!

心得1:プロフィール写真=お見合い写真と同じ

プロフィール写真は、自分の顔にするのが基本。自然な笑顔で映ったものを選びましょう。

男性からは、「盛りすぎのプリクラは実際の顔とギャップがありすぎるのでNG」(33歳/営業)、「カメラ目線でキメ顔の写真を使っている人をみると、自分が大好きな感じがして苦手」(29歳/メーカー)などの意見がありました。

手持ちの写真からお気に入りを探して、自分の顔の部分だけカットして使うといいでしょう。

心得2:最低限、好きな音楽と映画は入れる

お互いのことをよく知らない段階で友だちになった場合は、基本情報が距離を縮めるためのカギになります。好きな音楽や映画を入れ、男性が声をかけやすいようにしておきましょう。

ただし、韓流やジャニーズなど、マニアックな方向に走らないように注意。

心得3:自己紹介でポエマーにならない

自己紹介は200文字程度で簡潔に。ここでウケを狙う必要はありません。

好きな言葉を羅列したり、自作のポエムを書くのも危険。「Facebookに『一番じゃなくてもいいの、そばにいられるだけでいいの』と書いている女友だちがいて、『お前は西○カナか?!』と吹き出してしまった」(29歳/IT)男性が読んだら引いてしまうかも。

心得4:周囲に男が多そうな投稿は控える

投稿は、手料理や女同士の旅行など、受け手が「いいね」を押したくなる内容を心がけましょう。

当然ですが、仕事の愚痴・リア充自慢などはNG。特に、男性から「遊んでそう」と思われてしまう投稿は控えましょう。

「可愛いなと思っていた女性とFacebookで友だちなったら、ほぼ毎日、男と一緒に映った写メがタグ付されていて、引いた」(30歳/公務員)

周りに男がたくさんいそうなイメージをもたれると、付き合っても浮気されそうと思われたりして、あまりいいことはありません。

心得5:投稿への「いいね」+メッセージが好印象

最後に、好きな男性とFacebookで交流するときの注意点をお話しします。

彼の投稿に対する「いいね」は積極的に押してもOK。興味のある投稿をみかけたら、「いいね」に加えて、メッセージを送るようにすると、距離を縮めるチャンスとなるでしょう。

ただし、的外れなコメントの連投、彼のタイムラインへの一方的な書き込みはルール違反。相手のペースにあわせて、相互的なやりとりを大切にしましょう。

Facebookのプロフィールや投稿内容を少し工夫すると、一気にあなたのイメージアップにつながります。さっそく実践してみてくださいね。

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
この記事を読んだ人におすすめ