fbpx

長い春では終わらせない!一瞬で彼を結婚モードにさせる一言

長期にわたる交際は無意識のうちに女性に結婚を意識させてしまいますが、全員がゴールできるわけではありません。

そこで、長い交際期間を経て結婚を決意した男性にきっかけとなった彼女からの一言をエピソードと併せて教えていただきました。

イチかバチかのストレートなひと言に押されました

「『結婚どうする?いつにしよっか』と彼女から突然言われてビックリ。確かにタイミングを逃していたのだけど、彼女の一言で決めました。ド直球すぎて、躊躇するスキもありませんでしたけどね」(32歳/メーカー)

無言で結婚情報誌を置いてプレッシャーをかけるという遠まわしな行動よりも、潔くて気持ちがいいのかもしれません。勇気のある人は是非。

結婚に夢を抱いていないところがイイ

「友人の結婚式に招待される度に『面倒くさい』と言い、出席した式の感想は『○○肉すごくおいしかった』と食事の話題ばかり。結婚に対して夢見がちな子よりも気楽でしたし、面白いなと思いましたね」(27歳/営業)

結婚式に参列すれば『いつか私も……』という感想を聞かされると思いきや、見事予想を裏切った彼女に軍配が上がったのですね。

家族に会わせたらあっという間に決まりました

「お互いの両親のおもしろ話をしていたら『おもしろそうだから、一度会ってみたい』と言われた事がきっかけかもしれません。実家も離れていましたし、旅行がてら実家に立ち寄ったら家族が大盛り上がり。自然に結婚の話が持ち上がりましたね」(30歳/公務員)

家族が絡むと結婚までのスピードは加速するとよく聞きます。会えるまでがなかなか難しい事ですが、何気なく放った一言がきっかけになることもあるようです。

ありきたりなひと言でも、やっぱりカワイイ

「甘いムードになった時『○○クンがいないと生きていけない』と、めずらしく言ってきたんです。何があったのかはわかりませんが、重いと感じるよりもカワイイと思いました。同時に守ってあげようと決めましたよ」(30歳/建設業)

慣れ合いになってくると、恥ずかしさからか甘い言葉も次第に出てこなくなってしまいませんか。なんだかんだ言っても、やはり男性は好きな女性には甘えて欲しいものなのかもしれません。

熟年夫婦化してしまっているカップルには関係を再燃焼させる起爆剤にしてもらいたいですね。

イケメン俳優には負けられない、男のプライド

「テレビを見ながら『私、福山雅治と結婚する予定ですから』と言われて、なんだか腹が立ったんですよね。つい、『お前はオレで十分だ』とプロポーズみたいな言葉を発してしまいました」(28歳/営業)

と、思わず笑いを誘うようなエピソードをお持ちの方もいらっしゃいました。男のプライドを上手に刺激できた例ですよね。

いかがでしたか? あなたが発した何気ない一言が彼に結婚を意識させることになるかもしれませんね。あなたはどんな一言をぶつけてみますか?

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
この記事を読んだ人におすすめ