fbpx

温かいけど注意!?「肌荒れ」の原因になるインナーとは

冬の肌荒れツライ衣服

冬に起こりがちな肌のかゆみや乾燥、湿疹や赤みなどさまざまな肌トラブル、本当に大変ですよね。でもどんなに保湿などのケアをしても良くならない場合、それはあなたの着ている下着やインナー、衣服に原因があるかもしれません。

衣服の繊維や素材を見直せば、冬の肌トラブルを改善できる可能性も高まります。

ヒートテックなどのインナーについて

冬は外が寒くても室内は暖かいため、気付かずに汗をかいている場合が多いです。肌の上に汗が長い時間留まると、皮膚の上で雑菌が繁殖し「かゆみ」や「湿疹」などの肌トラブルを引き起こしやすい状態になってしまいます。

化学繊維のアクリルやヒートテックに使われる吸湿発熱繊維などは保温性や発熱性に優れているため、冬物の衣服などに多く使われています。しかし、水分吸収や通気性などの働きは良くないため、直接肌に触れるような使用はあまり望ましくありません。

また、他の化学繊維ナイロンやアクリル、ポリウレタンなども通気性や吸湿性が少ないので、肌の荒れが気になる方はインナーなどに使用するのは止めた方が良いでしょう。

綿や麻などの天然繊維で作られた製品は、吸湿性や通気性が優れているため敏感肌の方の下着やインナーに使われるのもオススメです。もし防寒のためにアクリル製品を身に付けたい場合には、「綿100%」などのものを着用すると良いでしょう。

手触りやデザイン

ガサガサした手触りやチクチクする衣類などは皮膚の角質層を傷つけてしまい、乾燥肌や敏感肌の原因にもなります。そこで、肌に直接触れるインナーにはサラサラした滑らかな肌触りのものを選ぶことも大切なポイントです。繊維が細く刺激の少ない絹(シルク)や再生繊維のレーヨンなどの製品は肌への負担が少なくすみます。

また、刺繍や縫い目、レースなどの装飾が肌に当たるものも注意が必要です。デザイン装飾によるチクチクも敏感肌には悪影響なので、なるべくシンプルなデザインで肌への当たりが優しいものを選ぶと良いでしょう。

静電気

冬は空気が乾燥するため起こりやすい静電気ですが、この静電気も実は肌荒れの原因になります。ビリっとする静電気の刺激が手や肌の表皮を傷つけ、乾燥や炎症などを起こしてしまう危険があるのです。

ポリエステルやアクリル、ナイロンなどの合成繊維は静電気を起こしやすい性質があるので、静電気がよく起こるという方は注意が必要です。

天然繊維の綿や麻、半合成繊維のアセテートなどは静電気が起こりにくい素材なので、冬の乾燥が起こりやすい季節の使用はとてもオススメです。

肌が荒れたり乾燥が気になった時には、ぜひインナーの繊維や素材などを確認して肌荒れ対策をしてくださいね。スベスベの潤い素肌で冬を乗り越えましょう。

編集部
編集部

独女のための特集記事や楽しいイベント情報をお届けします。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ