fbpx

【毒舌独女】レギンス・トレンカ、最強伝説

『レギンス・トレンカ、最強伝説』

最近、街が黒っぽい。

女共の下半身が黒いからだ。

腹黒いのが下ってきたのか。

異様に黒い。

なので、街が黒っぽく見える。

街が黒くなると、女共の下半身の黒が街に溶け込み、見えなくなってしまう。
つまり、脚が見えなくなるというコト。

ひゅーどろどろどろどろ

生きた幽霊が闊歩する街。
恐ろしい。

このホラーを作り出しているのは、レギンス・トレンカ。
一昨年ぐらいから流行し始めた「ももひき」の一種

否、流行に非ず。
着用を義務付けられた、制服らしい

「さぁ、穿け」とばかりに、衣料店に山積みされている。

私は、この義務に従いはしない。

下着である「ももひき」で表に出ろだなんて、何ちゅう罰ゲームだ。
羞恥心が義務を凌駕する。

レギンス・トレンカを穿いている女共は、よく義務に従えているものだ。
真似出来ない。

夏であっても、熱を集める黒い「ももひき」で耐える姿は、ある種の修行のようにも見える。

レギンス・トレンカは、女共に悟りを開かせる為に義務付けられたものなのだろうか。

ハッ

黒は太陽の熱を集める…。

そうか!

太陽光発電の為に、女共はレギンス・トレンカを穿いているのだな。

人体には微量ながらも電気が流れている。
これを利用しようというのだな。

なるほど。
レギンス・トレンカを穿く女共は、実の所、エコロジストだったのか。

原発に未来が無い今、太陽光発電は日本のエネルギーを支えるものになる。

だったら、私も穿かねば。
即行、ヨーカドーで購入。

太陽の光を反射させる、白い大きめTシャツにレギンスを合わせてみた。
これで、私もエコロジスト。

鏡の前に立つ。





鏡に映し出されたのは、女版長州力だった…

でぇい!

即行、レギンスをゴミ箱に投げ捨てる。

斯様な無様な姿を曝け出してまで、私はエコロジストになろうとは思わん。

本当に、レギンス・トレンカを穿く女共には、頭が下がる。
情けない下着姿で発電しようと頑張っている。

私の分まで、発電しておくれ。。

一方、男共は意気地が無い。

レギンス・トレンカに対し、嫌悪感を抱いている者が多いようだ。
中には、馬鹿にしている者も居るらしい。

たわけ者めが!

このクソ暑い夏であっても、80デニールのレギンス・トレンカを穿き、エネルギー問題と対峙している彼女らは、褒められるべき存在ではないか。

彼女らが、「脚が細く見えるんだ♪」とか言っちゃっていても、穿いただけで太い脚が細くなるワケが無いのは、重々承知している筈。

私と同じく女版長州力になろうとも、O脚がモロバレになろうとも、ししゃも脚がバレバレになろうとも、頑張って発電しているのだ。

レギンス・トレンカでは、脚のラインが誤魔化せない。
なのに、穿いているのは、何の為なのか考えたことはあるのか。

発電だ!
エコロジーだ!

なので、彼女らを称えよ。

しかも、レギンス・トレンカを穿く女共は、年配者を敬ってもいる。

レギンス・トレンカの原型は、スパッツ

黒スパッツにアニマル柄のシャツというスタイルは、大阪のオバチャンの定番スタイル。

大阪のオバチャンといえば、人類最強の生き物
勝てる者は居ない。

この世知辛い昨今、普通の生活を手に入れるだけでもサバイバル。
勝者と敗者の落差が激しい。

生きることは、戦いだ。
その戦いの戦闘服が、黒スパッツにアニマル柄のシャツ。

大阪のオバチャンに習い、彼女らは勝つ為に、レギンス・トレンカを穿いているのだ。

リスペクトしているからこそ、同じスタイルにするのだ。

明日を生き抜いていく為に、だ!

それを馬鹿にするだなんて、愚の骨頂。

今後は、レギンス・トレンカを穿く女共を大切にしていこう。
それが明るい日本の未来に繫がるだろう。

レギンス・トレンカ、万歳!

旭堂花鱗

コラムニスト/コンテンツライター

広島県安芸郡出身、大阪府高槻市在住。恋愛記事から豆知識、果てはビジネス文書まで幅広く執筆するライター。古典芸能に携わっていた経験もあり、日本文化について少し詳しい。文芸春秋『週刊文春』に載せてもらえたのが人生の自慢。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
恋愛相談はコチラ