fbpx

【毒舌独女】アナ雪もパクリ?!呆れたディズニーの常習的剽窃!!

ディズニー映画『アナと雪の女王』が大ヒット上映中だ。

プリンセスものでありながら、姉妹愛をも描いた良作と随分評判である。

しかし、やっぱり、ディズニー映画。

またしても、パクリ疑惑が噴出した。

パクられたのは、日本のアニメーション『聖闘士星矢』の『アスガルド編』とのこと。

『アスガルド編』はアニメオリジナルなので、とてもマイナー。

そんな所から引っ張ってくるなんて、ディズニーもよっぽどネタがない模様。

しかし、私はどちらも未視聴なので、どうパクっているのかは判らない。

粗筋を読み、キャラクターデザインを見る限りでは、とてもよく似ている。

その上、私が愛する『ガラスの仮面』の劇中劇『ふたりの王女』の要素まで取り入れている様子が。

私は『聖闘士星矢』に思い入れはないが、『ガラスの仮面』にはとてもあるので、こちらの方が頭にきている。

まぁ、『ライオンキング』や『アトランティス』程のパクリ具合ではないようだ。

それにしても、ディズニーのダブスタは酷いね。

自分のところのキャラクターは、そこらの幼稚園でも使うなと激怒するのに、他人の作品は平気で掠め取る。

正に、著作権ヤクザ

金と恫喝で、世界に夢を与えているだなんて、何てコント?

だが、私は、パクリの全てが悪いとは考えていない。

この世にある全ての作品は、何かしらの影響を受けて生み出されているからだ。

拙い芸術家が偉大な芸術家に憧れるのは当然であり、尊敬しているからこそ、真似をしたくなる気持ちも判る。

元の作品への「尊重」があってこそ、パクリもある程度、許されるのだ。

ディズニーにそれは、あるだろうか。

勿論、日本にでも、パクリはある。芸能の世界でも、芸術の世界でも。

それを最小限に抑えるよう、徒弟制度が現代にも残っている。

師匠が弟子に技を伝え、そして、弟子が新たな作品に仕立て上げる。

見ようによればパクリであるが、これは「伝承」「伝統」だ。

大体、パクリの何が不愉快って、自分の目の前で盗みを見せ付けられることなんだよね。

その点、「伝承」「伝統」は、安心して芸能も芸術も楽しめる。

日本や他の歴史のある国では、当たり前のことであるが、建国200年程度のアメリカでは、そんなことも判らないのかしら。

ハッキリ言って、お人好しな日本人なら、一言、声をかければ、作品の使用許可ぐらい出す筈。

百歩譲っても、リメイク権の販売をすぐにしてくれるだろう。

自分の作品を「好きだ」と言ってくれることが、報酬だと思っているクリエイターって、結構、多いからね。

けれど、それをせず、我がことばかり考え、暴利を貪るディズニーには、虫酸が走る。

彼らは、自分たちの作品を観る観客を愛しているのだろうか。

そもそも、アニメーションを愛しているのだろうか

ただの金儲けの手段としての制作であるなら、地獄はこれからである

世界中のアニメオタクが一斉にディズニーを見放したら、恐らく、ディズニーは破滅する。

そうなりたくなければ、参考作品の一覧表を提示すべきだ。

ディズニーの「ありのままの姿」を見せて欲しい。

旭堂花鱗

コラムニスト/コンテンツライター

広島県安芸郡出身、大阪府高槻市在住。恋愛記事から豆知識、果てはビジネス文書まで幅広く執筆するライター。古典芸能に携わっていた経験もあり、日本文化について少し詳しい。文芸春秋『週刊文春』に載せてもらえたのが人生の自慢。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
恋愛相談はコチラ