fbpx

【毒舌独女】異形のモノ、マツコ・デラックス

人は何故、異形のモノに惹かれるのだろう。

それを見世物にしたり、神と崇めたり。
扱われ方は、時代や土地の風習により変わる。

この21世紀の日本にも、異形のモノが現れた。

その名も、マツコ・デラックス
身長178cm、体重140kg、3サイズ上から140・140・140と、何とも福福しい体躯。

不気味とも取れる風貌に、性を超えた存在。
これを、異形のモノと言わずして何と言う。

デブは優しいという「神話」を打ち砕くべく、この世に光臨あそばされた。

辛辣なそのお言葉は、等しく森羅万象に浴びせかけ、澱みたる衆生の眼に光を与えたもう。

ひとたび、そのお姿を目にしたなれば、ハハッとひれ伏すより他は無い。



初めは、本当に直視出来なかった。怖かった。
私の中でのマツコ・デラックスは、巨漢ドラァグクイーンとしての印象が強い。

ドラァグクイーン(DragQueen)とは、ゲイの男性がする女装の一種。
だが、女になる為の女装に非ず。
女という性を痛烈にパロディ化し、性指向の違いを訴えるパフォーマンス。

目や唇を強調したこってりメイクに、露出度の高いドレス。胸にはタップリの詰め物を。
更に、デフォルメされた女の姿で男を誘う妖艶な大仰な動き

女に真実の鏡を突き付けるパフォーマンスでもある。

【ほら、女ってこんなに醜いのよ】
【ほら、女ってこんなに滑稽なのよ】

マツコ・デラックスは、女である私の根本を揺らがした。
男性である彼女に、偽りの姿を見抜かれたような気がしたのだ。

女の隠したかった部分を、白日の下に晒すのがドラァグクイーンともいえる。
マツコ・デラックスは、パフォーマンスだけのドラァグクイーンでは終わらなかった。
衣装を脱いでも、女の汚さやズルさを言葉で表す。ズバズバと、ザクザクと。

この手の人は、好き・嫌いがハッキリ分かれる。
けれど、多くがマツコ・デラックスを受け入れた。

それは、彼女の言葉が正論であると共に、彼女が異形のモノであるからだ。

ヒトは異形のモノに対し、畏怖の念を抱く。
人智を超えた存在であるから、スゴイかキモチワルイの両極端な扱い。

マツコ・デラックスは、見世物にはならなかった。
パフォーマンスのドラァグクイーンで終わらなかったように。
何でも曖昧に済ます日本で貴重な存在、バカにバカと指摘出来る言葉の神となった。

決して、ネ申と申すなかれ。罰が当たろうぞ。丁重に奉れ

私がここまで書くには理由がある。
白泉社発刊のマンガ『ガラスの仮面』キャンペーンで、マツコ・デラックスは登場人物の一人、
月影千草に扮していたのだが、これが私のイメージそのまんま

ものすんごく、私は『ガラスの仮面』のファンだ。信者と呼ばれても良い
作中、ヒロインたちの師である月影千草は、私の心の師でもある。

私も月影先生に指導を受けたいよぉ…。
しかし、マンガはマンガ。架空の世界の出来事。いくら願っても、月影先生は存在しない。

と思っていたら、あの圧倒的迫力の月影先生が本屋に居るじゃない!?
月影先生は私にとって神も同じ
ポスターからも漂うオーラ。思わず、その場で手を合わす。ありがたや。

おう、ぶっちゃけるぜ。
マツコ・デラックスが月影先生のコスプレをしていなかったら、バッサリ斬るか笑いの対象。

最近の彼女のコラムやエッセイは、確実にパワーが落ちている。
アラフォーの落ち着きといったモノでは無い。明らかな手抜きも見られる。

なーんてコトを細かくネチネチと、ここで書いていたと思う。
それが、月影先生コスで帳消し。私の心の師が憑依したような姿、本当に有難う。

何か気分的に負け。マツコ・デラックスに先手を打たれた感じがする。チッ
まぁ、いいか。あのポスター、本屋に頼んで貰おう♪

旭堂花鱗

コラムニスト/コンテンツライター

広島県安芸郡出身、大阪府高槻市在住。恋愛記事から豆知識、果てはビジネス文書まで幅広く執筆するライター。古典芸能に携わっていた経験もあり、日本文化について少し詳しい。文芸春秋『週刊文春』に載せてもらえたのが人生の自慢。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
恋愛相談はコチラ