fbpx

モテない原因はコレ?「ブスホルモン」を味方にするシンプルテク3選

お風呂に入る女性

いつもキレイに、そして気持ちよく過ごしたいもの。しかし女性は、男性以上にホルモンバランスの影響を受ける生き物です。そして、その女性ホルモンの中に「 ブスホルモン 」なるものがあるそう。

そこで今回は、「 ブスホルモン 」を味方につける過ごし方をご紹介します。

「 ブスホルモン 」って何?

まず女性には、2種類の女性ホルモンが存在します。1つは美肌のホルモンと呼ばれる「エストロゲン」、そしてもう1つがブスホルモンと呼ばれる「プロゲステロン」です。この「プロゲステロン」が増加する時期は、大人ニキビやベタつきなどのトラブルが起きやすい時期とされています。

しかし、「プロゲステロン」は減らせばいいというわけではないのが厄介なところ。なぜなら、この「プロゲステロン」は「エストロゲン」の生産のために用いられるので、これを減らしてしまうと美肌のホルモンも作れなくなってしまいます。また「プロゲステロン」は分泌されることにより子宮壁を柔らかくし、妊娠をサポートする役割もあるため、女性にはなくてはならないものなのです。

肌トラブルだけでなく、感情の起伏も激しくなってしまうというブスホルモン。では、そんなブスホルモンとうまく付き合っていくにはどうしたらいいでのでしょうか。

ブスホルモン を味方にする方法1「生理周期を把握」

ブスホルモンとうまく付き合うには、まず自分の生理周期を把握しておくことが大切。通常、「エストロゲン」は月経~排卵前に増え、「プロゲステロン」は排卵~月経前に多く分泌されます。

この周期を把握してプライベートのスケジュールを調整すれば、恋のトラブルを回避できるでしょう。例えば、彼との楽しい時間をイライラして台無しにしてしまうのもったいないですよね。この、感情の起伏が激しくなってしまうブスホルモン増加の時期は、旅行や遠出のデートなどはなるべく避けるようにしましょう。

ブスホルモン を味方にする方法2「スキンケアは入念に」

ブスホルモンの増加する時期を把握したら、その時期は普段よりも入念にスキンケアを行いましょう。いつもよりも丁寧に洗顔をしたり、パックをしたりと、日常のスキンケアに+αを心がけるだけでOK。

しかし、肌が敏感な時期とも言えるので冒険は禁物です。新しい化粧品を試したり、エステに通ったりするのは、肌が安定している月経後~排卵前までがベター。彼とのデートがこの時期に当たるなら、「守り」のスキンケアを心がけましょう。

ブスホルモン を味方にする方法3「規則正しい生活をする」

ブスホルモンは減らせばいいわけではありません。大切なのは「エストロゲン」と「プロゲステロン」のバランスをとることなので、このどちらかが多くても少なくてもトラブルの原因となってしまいます。

ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活が何より大切です。起きる時間と寝る時間は一定とし、夜の10時までには化粧を落として寝る準備をしましょう。ですから、この時期は飲み会や残業は極力避けてください。

そして適度な運動も効果的。自律神経を活性化させることによりホルモンバランスを整えることができますよ。

女性には欠かせないブスホルモン。このブスホルモンとうまく付き合うことで、いつでもハッピーな生活を手に入れることができそうですね。

【関連記事】

オレ、美人より好きかも!男に選ばれる「モテるブス」鉄の掟7カ条

ギャー!やってた!婚活が失敗する「オフィスのおブス習慣」4つ

飯田クール
飯田クール

1989年3月生まれ、フリーライター兼エディター。いわゆる「サバサバ系女子」で、人間の恋愛の悩みを白か黒でズバッと切る。座右の銘は「やられるまえにやれ」。

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ