fbpx

シミの大敵!紫外線より怖い「近赤外線」って何?

シミの大敵、紫外線より怖い近赤外線って何?

シミといえば紫外線、肌の老化のほとんどの原因が紫外線だと思われていました。しかし太陽からでている「赤外線」の中の近赤外線がもっとも有害だといわれるようになりました。

まだ研究が始まったばかりの分野ですが、紫外線よりもシミ、シワの原因になりやすいという近赤外線とはどんなものなのでしょうか? 

                      

近赤外線とは……?

太陽の光の中には紫外線、可視光線、赤外線と大きくわけて3つあります。紫外線は肌を老化させますので、紫外線対策は十分に知っているし、実行している方が多いと思います。でも紫外線は太陽の光の中のわずか10%に過ぎません。

太陽の赤外線は遠赤外線、中赤外線、近赤外線と3つあり、太陽光の50%近くは近赤外線だといわれています。肌の奥深くに届くので、日焼けによるシミ、シワの基本的な原因になってきます。 

生活の中でも浴びている……?

近赤外線の影響は太陽の光だけではありません。パソコンのモニターやコタツ、テレビ、赤外線カメラ、リモコンなどいろいろな電気製品からもでています。ラットの実験では筋肉が近赤外線によって萎縮するという結果がでています。

紫外線は皮膚の表面に届くのに対して、近赤外線は皮膚の奥の筋肉にまで到達するからです。顔の筋肉にも同じ作用がでていたら、たるみの原因になりますね。

近赤外線はどうすれば防げるの……?

基本は紫外線対策と同じです。長い時間太陽の光を浴びないようにすること、日焼け止めやサングラスをかけるなどです。でも近赤外線専用の日焼け止めでなければ、効果がありません。サングラスも同じです。あまり数はでていませんが、インターネットなどで探すと買うことができます。

私達の体にも本来、近赤外線を予防する機能が備わっています。それが体毛です。体毛や髪の毛のケラチンは近赤外線を予防する効果があったのです。また顔からでる皮脂にも近赤外線を予防する効果があります。太陽の光を浴びると汗だけでなく、皮脂がでてくるのは近赤外線から守ってくれていたのですね。だから洗顔フォームでごしごし洗ってしまうのはよくありません。 

近赤外線はタナカ形成外科の田中洋平先生がこの分野では有名で本もでています。近赤外線はこれから、研究が進んで予防法なども確立してくると思います。>

紫外線、近赤外線と私達の肌は酸化しています。でも太陽の影響を受けずに生活することは不可能ですので、浴びてしまったときは、野菜や果物をたっぷりと食べて、ビタミンCや、オリーブオイルなど質のよいオイルなど抗酸化力の強い食べ物で体の中から肌のダメージを回復していきましょう。

また近赤外線を防ぐ効果のある日焼け止めは紫外線も予防効果があるそうですので、1本買うなら近赤外線に対応しているタイプがいいですね。 

岡野ユミ

「食べ痩せダイエット」の第一人者。「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマに、若い女性から経営者まで広く自己管理ができるダイエットを指導。
栄養士、肥満予防健康管理士上級講師、ダイエットアドバイザー、美肌マイスターとして多くのセミナー、講座を各地で行う。ダイエット食品・サプリメント開発のアドバイザーとしても活躍。「週刊文春」等雑誌・ラジオなどメディア出演、連載多数。株式会社アリオール代表

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ