fbpx

失敗しないために!シミに効く美白化粧品の正しい選び方

日に日に紫外線が強くなってきています。美白効果がある化粧品が気になる季節になりました。できてしまったシミは消したくなりますよね。白い○○、美白○○、ホワイト○○、という名前をみると、どんなシミでもきれいにしてくれて白雪姫のように白くなると思っていませんか?

美白化粧品にはなんとなく美白効果があるかもしれないという化粧品と美白効果のある成分が含まれている化粧品にわかれます。どんな化粧品を選んだらよいのでしょうか。

美白に効果がある化粧品

厚生労働省が美白効果が期待できる成分として認可しているものがあります。それが医薬部外品です。医薬品と化粧品の間くらいの効果があります。そうでない美白化粧品は穏やかな効果や作用が期待できるものです。

健康な肌はターンオーバーがうまくいっているのでメラニンは表面にでて、角質になり剥がれてなくなります。紫外線を浴びすぎるなどでメラニンが作られ続けたり、ターンオーバーがうまくいかないとシミになってしまいます。美白成分は、できてしまったしみを消してくれるのではなく、肌の下でメラニンを作れという指令をおさえたり、作られにくくする役割をするのです。美白効果が期待できる成分はどんな成分なのでしょう、一部をご紹介します。

医薬部外品の美白成分

・ビタミンC誘導体

ビタミンCはそのままの形では肌に吸収されにくい性質があります。肌に染みこみやすい状態に形を変えた成分です。肌の抗酸化作用もありに炎症を抑える役割もあります。

・こうじ酸

お酒や味噌、醤油などに使われる麹菌に含まれている成分です。メラニンの生成を抑える作用があります。発ガン性などの危惧から2003年に化粧品への使用を控えてきましたが、適正使用の場合、心配がないことがわかり、2005年に再使用認めらている成分です。

・アルブチン

こけももや西洋梨の葉に含まれている成分でメラニンの合成を抑える作用があります。メラニンはチロシナーゼが酸化するために作られます。アルブチンはこのチロシナーゼの働きを抑えるのでメラニンが生成されにくくなります。

このほかにもエラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラET、トラネキサム酸、マグノリグナン、プラセンタ、4MSKなどがあります。上記以外にも美白の成分はありますし、いくつかの成分を配合した製品もあります。

どんなに効果がある化粧品でも肌に合うもの合わないものがあり、あなたの肌に合わなければ意味がありません。シミに効く化粧品にはこれはおすすめ、というものがありません。もちろん医薬部外品ではなくても効果が期待できる成分もあります。

肌のタイプがそれぞれあるように自分に合うものを探すようにしてください。自分の肌で試していく方法しかありません。美白成分に頼る前に紫外線を浴びない努力、日焼け止めを使うなどの基本は守ってくださいね。

岡野ユミ

「食べ痩せダイエット」の第一人者。「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマに、若い女性から経営者まで広く自己管理ができるダイエットを指導。
栄養士、肥満予防健康管理士上級講師、ダイエットアドバイザー、美肌マイスターとして多くのセミナー、講座を各地で行う。ダイエット食品・サプリメント開発のアドバイザーとしても活躍。「週刊文春」等雑誌・ラジオなどメディア出演、連載多数。株式会社アリオール代表

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ