fbpx

肌だけじゃない!「髪の毛」の紫外線対策で美髪を保つ方法

紫外線が一番強くなる季節、顔も腕も日焼け止めをぬっているので紫外線対策はバッチリ、と自信をもっているあなた、髪の毛の紫外線対策を忘れていませんか。

髪の毛もお肌と同じようにケアしないと、切れ毛が増え、日焼けによりつやがなくなり表面が茶色っぽいパサパサヘアーになってしまいます。髪の毛は角化した細胞ですので肌と違い髪の毛自体に元に戻す修復機能はありません。予防が大切になってきます。

髪の毛を紫外線から守る方法

頭は太陽に一番近い位置にあり、太陽が直接当たってきます。肌よりも強く紫外線にさらされています。とくにランチライムはちょっとだけだからと日傘や帽子をかぶらずに出かけてしまうと、1日でもっとも紫外線の量の多い時間ですので影響を受けやすくなります。

できれば外出を避けたいのですが、そうもいきませんね。出かけるときは、ちょっとした外出でもUVカットの素材をつかっている日傘を使ってください。UVカットの帽子でもかまいません。その場合はつばの広い顔が隠れるものにしてください。帽子は好みがあるので、日傘のほうが実用的かもしれません。

髪の毛だけなく頭皮の紫外線策もわすれずに

髪の毛だけでなく、頭皮も日焼けをしています。真夏に家でシャンプーをしたり、美容院でシャンプーをしてもらったときに、頭皮がしみるという思いをしたことはありませんか、それは頭皮が日焼けして炎症をおこしている状態です。

こうなってしまったときは、いつもよりぬるめのお湯でやさしく流して、汚れをとりましょう。その後に低刺激性のシャンプーで髪の毛だけを洗います。髪の毛も乾燥していますから刺激のすくないトリートメントを使って、髪の毛の乾燥をケアします。

シャンプーの後に使うトリートメントも、頭皮に刺激が少ないのでおすすめの方法です。ヘアオイルを少量使用して髪の毛の乾燥を防ぎ、頭皮への刺激をやわらげて乾燥させます。

髪の毛用の日焼け止めってあるの?

肌用の日焼け止めに含まれる、紫外線を拡散させる成分には乾燥させる作用があります。そのまま髪の毛につけるとパサパサになり表面が白くなります。髪の毛専用のスプレーがありますので、使うならこちらをおすすめします。

ただスプレーだとまんべんなくかけることが難しく、どのくらいかかったのかが分かりません。過信せずに日傘や帽子は一緒に使ってください。

髪の紫外線対策では、太陽にあたらないようにすることが一番の方法です。夏は暑いので髪の毛を短く切ってしまう人もいますが、髪の毛がある程度長いと首を日焼けから守る効果もありますし、どんなに予防しても髪の毛は傷んでしまいます。切るなら秋がいいでしょう。

毎日シャンプーする季節です、面倒がらずにトリートメントなどで髪の毛の保湿を忘れずに。頭皮の日焼けにより、きれいな髪の毛が生えるのが妨げられ、秋になると抜け毛や薄毛の原因にもなります。紫外線ヘアスプレーは汗で流れたりしますので、まめにつけてください。スプレー式のものを手にとって表面に塗る方法もあります。

また、日焼け止めを使ったときはよごれもつくやすくなりますので、頭皮や髪の毛をしっかりとシャンプーしなければなりません。頭皮が日焼けしているときはごしごしシャンプーできないので使用を控えましょう。

私はこの季節から日傘が手放せません。UVカット、小さくて軽くいものはバックにいれても邪魔になりません。日傘で夏の強い紫外線のダメージを最小限にしましょう。

岡野ユミ

「食べ痩せダイエット」の第一人者。「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマに、若い女性から経営者まで広く自己管理ができるダイエットを指導。
栄養士、肥満予防健康管理士上級講師、ダイエットアドバイザー、美肌マイスターとして多くのセミナー、講座を各地で行う。ダイエット食品・サプリメント開発のアドバイザーとしても活躍。「週刊文春」等雑誌・ラジオなどメディア出演、連載多数。株式会社アリオール代表

>> article
★DOKUJO制作★12星座×血液型占い!
おひつじ座
この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ